2014年07月21日

人を育てられない社長の特徴

今日は、エグゼクティブコーチとして、
社長さんやリーダーに考えてほしいことを書いてみました。

さて、質問です。
「もしもあなたの会社が、ボランティアサークルだったら、
いったい何人の社員さんが、ずっといてくれるでしょうか?」

・自分の意見や自慢話ばかり、一方的に長時間話す。
・リーダーとしての権威を振りかざし、強引に物事を進める。
・サークルメンバーの意見を聴かない。言わせても検討しない。
・偏った価値観で、自分の論理を展開する。
・ビジョンや方針を明確に示さずに、メンバーの時間を無駄にする。
・メンバーの貢献を、認めない、ねぎらいの声を掛けない。
・そもそもメンバーの貢献に気づかない。
・社員を「雇ってやっている」と思っている。

いくつ当てはまりましたか?
これらは、人を育てられないリーダーの
コミュニケーションの特徴でもあります。

こんなリーダーが運営するボランティアサークルに、
メンバーはずっといてくれるでしょうか?

言っても無駄。やっても無駄。
何をする場所なのか、何のために集まってるのかわからず、
ここにいる甲斐もない。って、思うでしょうね。

そんなボランティアサークルには、
わざわざ時間(命)は使いませんよね。

優秀なメンバーはどんどん辞めていくでしょう。

当然、人も育ちません。

すぐに存続の危機がやってきます。

ボランティアサークルのリーダーはどうするでしょう?
メンバーを暴力で支配するか、弱みに付け込むか、
お金を払って雇うか?

さて、あなたの会社は、お金を払わなくても、
あなたの会社がたとえボランティアサークルになったとしても、
その理念のもとに、
ボランティアメンバーとして残ってくれる会社でしょうか?

あなたのコミュニケーションは、
人のやる気や成長を阻害していないでしょうか?

「もしもあなたの会社が、ボランティアサークルだったら、
いったい何人の社員さんが、ずっといてくれるでしょうか?」

たまには、そんな観点を使ってみてくださいね。


posted by tomomi at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。