2014年11月11日

社員のモチベーションを上げるには?

こんにちは、軍師、エグゼクティブコーチの笠井です。
もう11月、もう今年も大詰めですね。

1月にはいろいろ目標をたてて、今年はやるぞー!と、決起集会をして、
社内のモチベーションが上がったはずなのに、そのあとが続かない。
社員のモチベーションは、どうやってあげたらいいのでしょう?

とても多いお悩みです。

 2014年11月8日に宮崎駿監督がアカデミー名誉賞を受賞されましたが、
長年作品を創り続けるモチベーション維持できたことについて、
記者の質問に答えておられるのが印象敵なので、ご紹介しますね。

「モチベーションは毎回衰える。
ある日突然、こんなことではいけないと思って取り戻す。
そういう事の繰り返しだ。」

お祭り気分がいつまでも続かないように、
モチベーションも上がるものなら、下がるものでもあります。

大切なのは、
自分の中のモチベーションが湧きだす源泉を見つけることです。
その存在に気づき、その存在を自身が認めることです。

やる気が出たり、出なかったり、
気分が乗ったり、乗らなかったりもする。
いつもやる気がみなぎっているわけじゃない。

でも、やっぱりやってしまう。
自分の中にある芯となるもの、
もどれる軸、引き戻される磁石のような、
自分自身を引っ張ってくれるもの。

それは、他人や上司が操作できるものではないのです。
他人は、変えられません。

変えられるのは、自分の行動だけ。

社員さん自身が、どう生きたいのか?
どんな志を抱いているのか?
ご本人がそれに気づき、それを会社の理念や日常の仕事に見出す。

自分の人生と会社の仕事がつながれば、
きっと、モチベーション次第じゃない、
やる気という気分次第じゃない、
志からの仕事ができるかもしれませんね。

そのためには、
・社員さんが自己の客観視・自社や仕事の客観視をできる環境をつくること。
・リーダーが、志からの仕事を実践する「体現者」であること。

つまり、環境や風土を創った結果、
社員のモチベーションが湧きやすい職場になるということなのです。

まずは、リーダーが周りに影響する体現者になってみましょう。

そして、自分に質問してみましょう。
「社員のモチベーションが上がらないせいに、していないか?」ってね。


posted by tomomi at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。