2015年02月04日

創業塾 チャンスをつかむ「伝える技術」〜営業活動に活かせるプレゼンテーション〜 〜営業活動に活かせるプレゼンテーション〜です。 創業塾 チャンスをつかむ「伝える技術」〜営業に活かせるプレゼンテーション〜

年が明けて、もう2月(@@)
光陰矢のごとしを実感中です。

今日は、長浜の創業塾 実践・応用編で、講師を務めてまいりました。
テーマは、
チャンスをつかむ「伝える技術」
〜営業活動に活かせるプレゼンテーション〜です。

プレゼンというと、人前で発表するイメージをされる方が多いと思います。
でも、それはほんの一部。
一対多数だけではなく、1対1で発揮されるのも、プレゼンテーションスキルなのです。

伝える技術≒プレゼンテーションスキルとは、
自分の考えを、相手の興味・関心に応える形で表現し、伝え、
相手の行動を引きだす力のことを言います。

ビジネスにおいては、買っていただくだけでなく、
他の方に紹介していただく、
情報として発信していただくなど、
伝えた後の相手の行動を意図して、伝えることも大切です。

そして何より、プレゼンテーション力は、事業ドメインの明確性と比例します。
誰に、何を、どのように提供するのか≠ェ決まれば、
自ずと、誰に、何を、どのように伝えるのかも決まってきます。

とはいえ、最初から それがはっきり決まっている起業者は少ないもの。
事業のフィールドを、何度も何度もデッサンするように描いて、
現実に投げてみることを繰り返していくうち、
だんだん形が浮き上がってきます。

どれだけたくさんの知識を集めようとも、
やってみたことの方が得るものは大きいです。

現実に投げてみること。
これが一番の先生ですね。

素敵な事業が成長していきますように。(^^)


posted by tomomi at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。