2015年05月30日

承認欲求の怖さ

軍師認定コンサルタント、コーチの笠井智美です。
急に暑くなりましたね。
何かと疲れが出やすい時期ですから、皆さん気を付けてくださいね。

最近、B'zの曲「砂の花びら」のワンフレーズが、
頭の中でリフレインしています。

♪ m,m,money 気が付きゃ裸で躍らされてるよ。
夜が明けたとしても宴会は続くのです。
とどまることのない欲に犯されて
穴だらけの心は何時までも満たされない ♪ (歌詞:稲葉浩志)


ドローン少年、自称インターネットタレント・・・・
リスナーなる人たちの評価や書き込みを増やしたくて、
煽られて行動をエスカレートさせていく。

ついには犯罪者にまでなってしまう。

リスナーなる人たちも、自分の発した事が実現されていくことで、
自分が認めらたと感じるのかもしれない。
そして間接的に犯罪に加担し、人の人生を狂わせていく。

他人から認められたいと、
自らが持つ本能のままの承認欲求に躍らせられる人生を送るのか?

自分の打ち立てた己の軸に沿って行動する自分を
認識しながら生きるのか?

瞬間瞬間、それを選択し続けていくのが、
生きることなのかもしれませんね。

インターネットの普及、ビッグデータ、アルゴリズム・・・
私たちは、簡単に情報操作されてしまう危険にさらされています。

これからは、自分の軸を持って、自分なりの基準をしっかり持つことが、
ますます大事になって来るのではないでしょうか?




posted by tomomi at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

軍師流 8つの罠のスコープとは?

軍師認定コンサルタント・プロコーチの笠井です。
今日は、最近の出来事から、私たちが陥りやすい罠についてお話します。

大阪都構想の是非を問う住民投票、終わりましたね。

あくまで報道側企業の営利活動による意図によって、
切り取られた一部分の報道を見て感じたことは、
いたずらに不安を煽ったり、
明確な根拠のない心情的なゴシップを、
大っぴらに言って回ってるような印象を受けました。


いったいあれで、何が判断できるというのだろう?
橋下さんを好きか嫌いかということと、政策の有効性は、
本来は別の話です。

ある年配のご婦人は、住所を変える手続きが面倒だから反対。
ある年配のご婦人は、あの人はぱっと思いつきでやらはるから・・・と。
それってホントですか? 
橋下さん、7年半も言ってますよね。
専門的なブレーンと政策についていろんな角度で検討しているでしょう。
それを思いつきと決めつけるのは、あまりにも短絡的です。
しかも、重要な判断のときに、その思い込みを採用している。(^^:)

ある中年の男性は、何か変えてくれるんじゃないかな、
と期待して賛成に入れたと。
何かって何?(^^:) 
今感じている危機感や期待するものってどんなことなんでしょうね?

ある若い女性は、親が「反対に入れろ」と言ったから反対に入れたけど、
今友達と話して、やっぱり賛成にすればよかったと、後悔していました。
何を基準に決めたの?

もちろんこれも、どれほどかの取材素材の中から、
意図的に編集されたものではありますから、
何人に取材して、その中で、
どんな意図でこの方たちが抽出されて報道されたのかはわかりません。
多分もっと長く話していたかもしれませんね。

この方たちだけのことではなく、
いかに私たちは、雰囲気やムードや刷り込みや思い込みや、
自分の経験からのストーリーづけや、自分だけの都合や、
操作された断片的な情報や、好きか嫌いかの反応で、
大事なことを決めているのかと思うと、
恐くなりました。

自分が、無知で愚かな大衆であることを、鏡に映されたようでした。

自分自身にも、絶えず流れてくる情報にも、
偏りやフィルターがかかっているなか、
事実は何なのか?本質は何なのか?
情報リテラシーの実践が大事ですね。

軍師の ものの観かたに、
崩壊の回路を避けるため、「8つの罠に落ちいっていないか?」という、
フレームがあります。

それにあてはめてみると、

@選挙民の立場誤解の罠、
A現状把握軽視の罠、
B問題軽視放置の罠、
C勉強・経験不足の罠、
D「自分だけの目先の利益(とりあえず今のままも含め)」と
「大阪の経営」混同の罠、
E目的・目標不在の罠、
F理念・戦略不在の罠、
G決意覚悟欠落の罠

陥ってるかもしれませんね。

あ、軍師とは?って、気になった方は、こちらをご覧ください。(^^)
参考までに。
http://gunshi.or.jp/gushi.html

事実と事実でないことを、分けて認識できる。
そのうえで、自ら自分の軸に基づいて考え自分で判断する。

これができてるつもり、やってるつもりで、やれてないことに、
まず気づくことからですね。


posted by tomomi at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

【ご案内】リーダーの経営力を上げる! 軍師流 行動改革の極意

軍師認定コンサルタント、コーチの笠井智美です。

5月28日(木)に、滋賀でセミナーをさせていただきます。

後継者さんやリーダーの方に是非お伝えしたい、
経営力をアップするための、
軍師流の行動改革・自己革新の極意をお伝えするセミナーを
させていただきます。

経営者としての能力とは、どんなことなのか?
何をどう鍛えればいいのか?

軍師流の自己革新の極意をつかんで、
ぜひ、現実を変える力を、手に入れてくださいね!

http://manbai.biz/

ラベル:後継者 行動改革
posted by tomomi at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座・イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

今日の命の使いみち

おはようございます。
軍師認定コンサルタント・コーチの笠井智美です。

今朝、ベランダに出てみて、
青空と緑のお山と鳥のさえずり、行き交う車の音を聴きながら、
今日も1日が動き出すのを感じました。

この年代になると、
今日も無事に新しく命を頂いたことに感謝が湧いてきます。

頂いたこの一日をどう生きよう?
どんな意図で過ごそう?
何をしよう?
どう使おう?

何もしなくても、ぼーっとしていても一日は過ぎていきます。
時は待ってはくれません。
「今日は使わないから、置いておこう」なんてこともできません。

考えてみると、
命の貯金なんて、できないんですものね。

命って、使うしかないものなんですね。

「今日の使命を生きよう。」

そう思いました。

【今日の質問】
あなたは、今日一日分の命を、どう使いますか?


posted by tomomi at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

自ら“問い”を立てる力で、セルフコーチング

軍師認定コンサルタント、プロコーチの笠井智美です。

コーチングでは、日常をいつもと違う観点で観察することによって、
視野を広げたり、気づきを促したり、
なにか突破口となることを発見させたりするために、
“質問”を使うことがあります。

実は、何か出来事を通して、自ら問いを立てることで、
自分の周りをコーチにすることもできます。

一つだけでない“答え”をさぐっていく探究というセンス。

私は、コーチング力やコンサルティング力のトレーニングを兼ねて、
問いを立てることを、よくやります。

今回は、昨日購入した傘から、“問い”を立ててみました。

新しい傘を購入したことがきっかけで、
傘の歴史を、調べてみたら、これが結構面白い。


自分が触れた順番で勝手に、雨傘が先と思いこんでいたけれど、
日傘の方が先だったようです。

世界では4000年前くらいから、
貴族のご夫人や高僧たちが外出する際の日よけとして使われてたそうな。

雨傘としては、18世紀の後半、ジョナス・ハンウェーという方が、
男性は帽子で雨をしのぐのが当たり前の時代に、
防水加工した日傘を使い始めたそうです。

変人扱いされて30年。

その後、本人なのか、他の人物なのかはわかりませんが、
傘の持ち手をステッキのように工夫したことで、
爆発的に雨傘が広まり、
その後世界に傘が広まる基礎になったそうです。

なるほど、傘の柄が杖の持ち手のようになっているのは、
そんないきさつがあったのですね。

「男も傘使っていいんじゃない?」
「雨の日も、傘さしてもいいんじゃない?」

まさに、ゼロベース思考、仮説思考。

それまでの常識を覆すことで、傘は進化して、
それによって今も生き残って使われ続けているんですね。

新しい対象領域を想像し、
独自の工夫を加えた行動で状況を変え、
全く新しい状況を創りだし、
新しいビジネスモデルが創りだされていった背景には、
いったいどんなマインド(自己概念)があったんだろうな。

一人の影響は大きい!

【今日の質問】

あなたが捉われている常識があるとすれば、それはどんなことでしょう?


ぜひ、この質問を意識に挙げながら、あなたの日常を観察してみてください。

もしかしたら、あなたの前進を止めている枠組みが、
見えてくるかもしれません。(^^)

そして、もし、そんなのが見えてきたら、
もう一つの質問をあなた自身に投げかけてみてください。

「ホントにそうなのかな?」ってね!
posted by tomomi at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先人たちの知恵と企業活動に感謝の巻

こんにちは。
軍師認定コンサルタント、コーチの笠井智美です。

ゴールデンウィークも後半を迎え、
皆様、いかがお過ごしですか?

私は、そろそろ仕事モードへの切り替え準備に入っております。

今が1年で一番紫外線がきつい時期と言われますが、
雨傘を持って出たら、「あー、日傘にすればよかった。」
日傘を持って出れば、「あー、雨傘が必要だった。」
なんてこともしばしば。(^^:)

電車移動が多い私は、折り畳み傘に求めることがいくつかあります。
軽くて小さいこと。晴れ雨兼用ならありがたいなぁ。
濡れた時、バックの外に収納できたらいいなぁ、と常々思っておりました。

そしたら見つけちゃいました!

ケースもビニールコーティングで、バックの外にぶらさげられます。
有りそうで、なかなか出会えなかったので、
「うわぁ…、全部満たしてる。やっと出会えた・・・」と、購入しました。

開発してくださった方たち、流通に関わってくださった方たち、
仕入れて下さったバイヤーさん、
目につくところにディスブレイしてくださった 店員さん…。

色々な企業さんたちのお陰様で、この傘が私の手元に来たんだなぁ。
もっと遡れば、傘を 思い付いた人がいて、使った人がいて、
技術を受け継いだ人がいて、傘を折り畳むことを考えついた人がいて、
晴れた日にも傘をさすことを思い付いた人がいて、
紫外線や生地の研究をする人や、軽量金属の研究をする人や、
それを応援する人がいて…。

想像したら、この傘を使えることって凄いことなんだなぁ。
きっとそれぞれに、「プロジェクトX」みたいな物語があったんだろうなぁ。

大事に使わせて頂こう。

ありがとうございます。
posted by tomomi at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。