2015年06月07日

ゲーム世代の“あたりまえ”とは

軍師認定コンサルタント、コーチの笠井です。

今日は、人の思考・行動のもとづく、
無意識のお話をおつたえします。

人はそれぞれ、自分の“あたりまえ”を生きています。

これは、過去からの経験でつくられたり、
親や先生や身近な人の言動や、
時代やTVやマスコミから刷り込まれてしまっていたりします。
もちろん、住んでいる地域や、
日本人としての“あたりまえ”というのもありますね。

いつの間にか私たちは、
「こうあるべき」とか「そういうもの」とか、
決めたつもりもない価値観の枠組みの中で、
物事を選択し、行動しているのです。

それがその人の人生にとって機能している場合もあれば、
時にはその人の行動を抑制したり、
チャレンジしずらくしてしまう場合もあります。

コーチングでは、
無意識にその人の行動を止めている“あたりまえ”に気づいてもらい、
これまでの自分ではしないような選択や行動を促します。

さて、ゲームクリエーターの日野晃博さん、
妖怪ウォッチのクロスメディア戦略で時の人です。

ご本人いわく、幼いころからゲームをしていたせいで、
どんなに強い相手でも、こっちのレベルをあげれば
勝てると思うのだそうです。
「こっちのレベルをあげりゃいんでしょ。」って。
今、現実の社会でそれを実践している。
自分のレベルも上げ、仲間を得て、強い敵と戦える。
(by 情熱大陸)


親世代はついついゲームって眉をひそめてしまいがちですが、
なるほど、ゲーム世代の“あたりまえ”が機能しているんですね。

自分のレベルもあげ、仲間を得て、強い敵と戦える!

現実の世界で、一人では成し遂げられないことも、
そうやって実現していくのが、大人になるってことかもしれませんね!

あなたはあなたの人生に、どんな“あたりまえ”を採用しますか?




posted by tomomi at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。