2013年01月23日

19歳からの就活コーチング「質問で墓穴をほらないよう気をつけよう」

こんばんは。就活コーチの笠井です(^^)
学生さんたちは、これから就活真っ盛りですね。

ところで、こんな情報、鵜呑みにしていませんか?
“企業説明会では、できるだけ質問しましょう。企業側に熱心な学生だと印象づけることができます。”

学生:「先生、企業の説明会で質問するとき、どんな質問をしたらいいですかね。
    学校の授業なんかでは、質問が出てくるのに、企業の説明会では、
    何を質問したらいいかわからないんです。何か、質問の作り方とかありますか?」

講師:「ふーん。まず、質問はしなくちゃいけないものではないよ。
    へたに質問しなければと思い込んでしまうと、
    ピントのずれたことを訊いてしまったり、
    既に説明されたことを訊いてしまったりして、
   「話聴いてたのか?」と、かえって逆効果になるよね。」

講師:「あー、なんか質問しなければいけないような気がしていました。
    学校の授業なんかでは、質問が出てくるのに、企業の説明会では、
    質問が出てこないんです。」

   「質問が出てくるときと、出てこないとき、あなたにどんな違いがあるの?
    出てくるときはどんな時?」

学生:「うーん、例えば、これやってと言われて、
    その内容が詳しくわからない時とか・・・」

講師:「それを“やる”っていう自分の時だよね。本当にそれをやるつもりだから、
    具体的なことを知ろうとするよね。

    その企業で本当に働くつもりで聴いていれば、
    ちゃんと適切な質問が湧いてくるよ。
    受け身で訊いてたら出てこない質問がね。」

質問することが目的になってしまうと、思わぬ墓穴を掘ることがあります。

みなさん、気を付けてね。


posted by tomomi at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 就活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。