2014年01月02日

新年あけましておめでとうございます

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、たくさんのみなさまのご縁とお蔭様に支えられて、
一年を無事生き延び、お仕事をさせていただくことができました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

◆去年1年は、「源」という漢字一文字を意識して生きました。
自分が源となって、新しい流れを創る。
もちろん、忘れている日もたくさんありましたが、
時々思い出して、自分を振り返りながら進みました。

いっぱい決めても、覚えていられないのですが、
漢字一文字なら、なんとか思い出せました(^^:)

そして気づいたことは、源から濁った水は流せない!という事でした。

自分の在り方がぶれていないか、滲んでいないか、
言行一致しているか。

それを振り返って修正していく。

「源」の一文字を意識することで、
それまでより日常のPDSサイクルを回す機会が、
創れたように思います。

◆毎日ではなかったけれど、東西南北と天と地の六方拝することで、
山や水や大地や人の恩恵を感じる感度が、
少しだけあがった様に思います(^^:) まだまだですが。

そして、六方拝を続ける中で、
自分なりの拝むときのワードが見つかりました。

空に向かって「天のお達しの仕事をさせてください。」と祈ると、
だんだん自分には天のお達しの仕事しかこない感じがしてきて、
迷いが手放せるようになってきました。

空に向かって志の電波を発すると、
その周波数にあったお役目がやってくる(^^)

逆に、私の手からこぼれていったり、離れていったりしたことは、
「あ、私のお役目ではなかったのね。」とか、
「今じゃないってことなのね。」と、執着せずに進めるようになりました。

☆さて、今年は「礎」の漢字一文字を指針にして生きてみます。
いい「源」になるためには、それを生み出す「礎」が大事。
自分が基づくことから物事が行えるよう、
精神や技術や人・環境や健康を含め、
しっかりとした礎を築くことに取り組みます。

・今日の笑顔と明日への勇気を創りだす。
・志を持って、自分を活かして生きる人を増やす。

2014年は、この2つに基づく自分から、「礎」を指針にして生きます!(^^)V

改めて、今年もよろしくお願いいたします。


posted by tomomi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。