2014年03月08日

人って、物事を本当には見ていない!?

「人間は、物事を本当には見ていない。
脳が、思い込みから物事を映し出している。」ってことを、
実感した出来事がありました。

昨日のサッカー中継の最中に帰宅した私。
家人が、ゲームの経緯を待ってましたとばかりに話してくれました。
「本田がミスした。」「ミスが連発」「調子が悪い」などなど。
TVの画面が1−4を示しています。

私に与えられた情報は、
日本チームがミスしたところにフォーカスされたもの。
そこで先入観をもってしまった私は、
すっかり日本が負けていると思い込んでしまったのです。

1-4で、まだ前半の残り時間は・・・・
後半であと3点返せるかな・・・・
画面の左上の文字情報を見ながら考えていたのですが、
チームの表示もされているはずなのに、見ているはずなのに、
4点取ってるのが日本だとは見えていない。

思い込みって、先入観って、強烈です(^^:)

ハーフタイムに前半のハイライトで、
得点シーンが次々と映し出されるのを見ても、
「えっ?これっていつの?」なんて、思ってる。
「まさか、他の日のゴールシーン今やってないよね。」
「えっ?ゴールシーン4つだから、4点は日本?」
と、自問自答を繰り返しながら、
やっと自分の思い込みに気づきました。

でも、その自問自答の間も、
これを口に出すとまずい感じの自己防衛はちゃんと働いていました。
家人にかなり、集中砲火をあびてバカにされると。(^^:)

恐るべし先入観、恐るべし精巧な自己防衛機能。

こんなこと、いろんなとこでやってるんだろうな。
こんなこと、世の中でいっぱいおきてるんだろうな。

ホント人間って、おっそろしい生きもんや。

家人にしてみれば、自分の期待と違うプレーにフォーカスがあたり、
自分の価値観からの偏った情報を、
悪気なく一方的に流してくれてたってことなんですよね。

おー恐っ(ぶるぶる)

いつの間にか、何を刷り込まれてるかわからんな。

いつの間にか、自分の思い込みや先入観や、
自分が信じていることに基づいた偏った情報だけを、
無意識に取り入れちゃってるかもしれないな。

TV、ニュース、雑誌、インターネット、教育、噂話も含め、
情報には、必ず誰かや、どこかの組織のバイアスがかかる。
流す方に、その気があってもなくっても。

そして、それを受け取る側である自分の、
無意識のバイアスもかかるんだ、
って前提を持たないと、物事を大きく見誤るなぁ。

実際は、何が起きているのか?
現状把握を見誤ると、打ち手が変ってしまう。

ゼロベースからの現状把握は軍師の必須能力。

相手がどんな罠にはまっているか、
もっと言えば、まだ表面化していない、
本人に自覚のない潜在的な要因を探り出し、
相手に見えていないことを見せて、
意図と行動をひきだすコミュニケーション能力。

これも必須です(^^:)



posted by tomomi at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。