2015年09月16日

自律的な組織を創るには?

後継者の軍師認定コンサルタント(1級)、コーチの笠井智美です。

今日は、自律的な組織を創るために、リーダーやマネジメントする側が、
意識しておきたい観点をお伝えします。

職場において、目指すものや仕事の全体像が示されていないと、
どう動いていいかわからないものですよね。

自分の役割が認識できない状態が続いたり、
存在価値が観えてこないと、
どう行動していいのか「わからない」という現象に右往左往して不安になって、
リーダー不在の場所で、憶測の会話がなされ、
マネジメント側との距離が離れていくケースがあります。


また、どう動いていいのか、
自分がどう役立てるのかがわからないと、
自ら考えるための情報が不足して、主体性が発揮できません。

それにより、傍観者や批評家になり、マネジメント側と距離が離れ、
他者を不満で先導し、風土に悪影響を及ぼすケースも出てきます。

逆に一部の人間しか情報を共有されていない場合、
マネジメント側から情報を共有されている人が、
良かれと思って間に入ると、なおさら疎外感がつのり、
マネジメント側との距離が離れてしまう場合があります。

小さな職場では、みんなが仕事の全体像を共有し、
お互いの役割を認識しあって、
進捗を共有し合って仕事を進めていくことで、
社員が自律的になり組織が活性化しますね。

さて、当オフィスでは、会議をファシリテーションしながら、
上記の状態を創りだす魔法の会議レジスタードマークを提供しています。

社員一人一人が仕事全体の中での役割を認識し、
自分で立てた目標を自分で管理する目標管理でPDSサイクルを回しながら、
自律的な組織になっていくプロセスをコンサルテーションしています。

何か気になることがあれば、遠慮なくご相談下さいね。










posted by tomomi at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。