2016年04月07日

桜守の深い言葉

20160407045329487-thumbnail2[1].jpg
こんにちは。後継者の軍師認定コンサルタント、コーチの笠井智美です。

昨日は、石山寺に行って来ました。

今年は33年に1度の、
本尊 如意輪観世音菩薩 御開扉とのことで、
お参りをさせていただきました。

ふっくらした、すべてを包み込んでくれるような仏様で、
なかなかその場を離れられなかったです。

33年後も、自分の足でお参りしたいです。(^^:)

石山寺の桜は盛りを少し過ぎたくらいでしたが、
緑と白みがかったピンクのコントラストがあって、
それもまた、味わい深いものでした。

ところで、桜守というお仕事をご存知ですか?
桜のお医者さんだそうです。

多くのボランティアの方々が、
桜の保存活動に力を注いでくれているのだと、
ニュースで紹介されていました。


天保3年より代々、
仁和寺御室御所の造園を担ってきた庭師の名跡、
第16代 佐野藤右衛門さんは、
父である先代が始めた日本全国の桜の保存活動を、
継承されているそうです。

藤右衛門さんのお話が心に残りました。

「一つとして同じものはない。
一本一本の個性を見極め、手の掛け方を変える。
人間関係と一緒。相手が変わると、接し方が変わる。」

人育てや接客にも通じる、深い言葉ですね。

桜の時期もあと少しです。

存分に風情を愉しみましょう。







posted by tomomi at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

新入社員研修で教え子と再会!

sak0079-049-thumbnail2[2].jpg
こんにちは。
軍師認定コンサルタント、コーチの笠井智美です。
桜も満開になりましたね。
新しいことが始まっていく時期、
皆様にも、それぞれのドラマがあるのではないかと思います。

私は昨日、新入社員研修をさせていただいたのですが、
なんとそこで、2月末まで4か月かかわらせていただいた、
教え子君たちに遭遇しました。

「まさか、こんなところで会えるなんて・・・」

45名ほどのなかで、彼らのたたずまいは凛としていて、
研修、就活、OJTと、現実の中で成長してきたであろうことが、
確信できました。

かかわらせていただいた方々が、
それぞれの場所で、周りにいい影響を与えながら、
一隅を照らす人財になっていくことの一端が、
リアルに見えて、とても嬉しかったです。

私も彼らの成長に恥じないよう、
成長しなくてはいけないなぁ。





posted by tomomi at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

人生の醍醐味とは

コーチかさいのブログ、今日もお読みくださってありがとうございます。

コーチングセッションの提供を通じて、いつも感じるのは、
過去は変えられないけれど、
未来を描けば、過去はすべてリソースになるということです。

描いた未来、イメージした未来は、あくまで仮説だけれど、
それらを現実というブラックBOXに投げ込んだとき、
どうなって、出てくるのか?

それをいかに面白がって楽しめるかも、
人生の醍醐味ですね。
posted by tomomi at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

承認欲求の怖さ

軍師認定コンサルタント、コーチの笠井智美です。
急に暑くなりましたね。
何かと疲れが出やすい時期ですから、皆さん気を付けてくださいね。

最近、B'zの曲「砂の花びら」のワンフレーズが、
頭の中でリフレインしています。

♪ m,m,money 気が付きゃ裸で躍らされてるよ。
夜が明けたとしても宴会は続くのです。
とどまることのない欲に犯されて
穴だらけの心は何時までも満たされない ♪ (歌詞:稲葉浩志)


ドローン少年、自称インターネットタレント・・・・
リスナーなる人たちの評価や書き込みを増やしたくて、
煽られて行動をエスカレートさせていく。

ついには犯罪者にまでなってしまう。

リスナーなる人たちも、自分の発した事が実現されていくことで、
自分が認めらたと感じるのかもしれない。
そして間接的に犯罪に加担し、人の人生を狂わせていく。

他人から認められたいと、
自らが持つ本能のままの承認欲求に躍らせられる人生を送るのか?

自分の打ち立てた己の軸に沿って行動する自分を
認識しながら生きるのか?

瞬間瞬間、それを選択し続けていくのが、
生きることなのかもしれませんね。

インターネットの普及、ビッグデータ、アルゴリズム・・・
私たちは、簡単に情報操作されてしまう危険にさらされています。

これからは、自分の軸を持って、自分なりの基準をしっかり持つことが、
ますます大事になって来るのではないでしょうか?


posted by tomomi at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

大河ドラマ「花燃ゆ」に観る、志と学びの関係

こんにちは、
軍師認定1級コンサルタント・コーチの笠井智美です。
ついこの間、お正月が終わったばかりと思っていたら、
いつの間にか、もう3月。光陰矢のごとしですね(^^:)

 昨日の大河ドラマ「花燃ゆ」をみて印象に残ったのは、
由緒ある武士の家系に生まれた高杉晋作が、
吉田松陰との出会いを通じて、変っていくところ。

「生きてるのがつまらん」
と自暴自棄な悶々とした生活を送ってきた高杉晋作が、
吉田松陰との出会いをきっかけに、
後に、長州藩を尊皇攘夷へと方向付け、
歴史に名を遺す人物になっていくんですよね。

それは、松陰の在り方が高杉晋作に響き、
高杉晋作自身が松下村塾で学ぶことを選んだからです。

「なぜ学ぶのか?
この世の中に、己がすべきことを知るために学ぶのです。」
(松陰の親友、小田村伊之助が1回目の放送で言っていた言葉。)

人は、視野が広がり、周りや未来への影響などが見え始めると、
思考や行動が変わってきます。

見えないもの、観えないもの、感じられないものに対して、
何も起こしようがありませんよね。

決意も覚悟もしようがないのです。

なぜなら、観えていないことは、
「その人の世界」にとっては、無いのと一緒だから。

目の前のこと、周りのこと、会社のこと、世の中のこと・・・
様々な角度から知るからこそ、見たからこそ、
自分のやるべきことが観えてくる。

頭で知っていること、知ったつもりになっていること、
そして実際何が起きているんだろう?

過去からの知識だけではなく、
現実への観察と探究、未来への想像も含めてこそ学び。

この学びがあってこそ、
自分にとっての「真の志」が持てるのかもしれません。

「志は誰も与えてはくれません。
君自身がそれを見つけて掲げるしかない。
君は、何を志しますか?」(吉田松陰の言葉)

私にとって、心にしみる言葉です。

仮決定の志に向かって動き、
現実に触れ、自分の志を確認しながら、進んでいこう。
posted by tomomi at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

新年あけましておめでとうございます

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、たくさんのみなさまのご縁とお蔭様に支えられて、
一年を無事生き延び、お仕事をさせていただくことができました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

◆去年1年は、「源」という漢字一文字を意識して生きました。
自分が源となって、新しい流れを創る。
もちろん、忘れている日もたくさんありましたが、
時々思い出して、自分を振り返りながら進みました。

いっぱい決めても、覚えていられないのですが、
漢字一文字なら、なんとか思い出せました(^^:)

そして気づいたことは、源から濁った水は流せない!という事でした。

自分の在り方がぶれていないか、滲んでいないか、
言行一致しているか。

それを振り返って修正していく。

「源」の一文字を意識することで、
それまでより日常のPDSサイクルを回す機会が、
創れたように思います。

◆毎日ではなかったけれど、東西南北と天と地の六方拝することで、
山や水や大地や人の恩恵を感じる感度が、
少しだけあがった様に思います(^^:) まだまだですが。

そして、六方拝を続ける中で、
自分なりの拝むときのワードが見つかりました。

空に向かって「天のお達しの仕事をさせてください。」と祈ると、
だんだん自分には天のお達しの仕事しかこない感じがしてきて、
迷いが手放せるようになってきました。

空に向かって志の電波を発すると、
その周波数にあったお役目がやってくる(^^)

逆に、私の手からこぼれていったり、離れていったりしたことは、
「あ、私のお役目ではなかったのね。」とか、
「今じゃないってことなのね。」と、執着せずに進めるようになりました。

☆さて、今年は「礎」の漢字一文字を指針にして生きてみます。
いい「源」になるためには、それを生み出す「礎」が大事。
自分が基づくことから物事が行えるよう、
精神や技術や人・環境や健康を含め、
しっかりとした礎を築くことに取り組みます。

・今日の笑顔と明日への勇気を創りだす。
・志を持って、自分を活かして生きる人を増やす。

2014年は、この2つに基づく自分から、「礎」を指針にして生きます!(^^)V

改めて、今年もよろしくお願いいたします。
posted by tomomi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

幸せ日和

自己満足<他者満足<自他満足
人間は、そうできているのだと思う今日この頃(^^)

もっともっと、この世界を味わいたい!

posted by tomomi at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

人生の課題はオーダーメードでやってくる

「世界」は常に課題をくれる。
ここを超えれば、バージョンアップも間違いなし。
超えた自分が楽しみだなぁ、と思う自分がいる。

人生なんて、
「こんな時に限って、いろんなことが重なるもの。」 だ。
ただ重なっただけ。

そもそも、いろんな人間が絡み合って生きているのだから、
何かがあって当たり前。

まさに、筋書きのないドラマなのだから、予想外のことが起きて当たり前なのだ。

そこに、挫折だとか、失敗だとか、
自分から見えているわずかな範囲でのジャッジなど、
何の役にもたちやしない。

人って、自分の思いどうりにならないと悩む生き物。
悩みを「自分」で創りだしている。
悩みって、辞書で引くと、
思いわずらうこと、心の苦しみ、やまい、病気(大辞泉より)

課題はそれぞれの人生に、「世界」がくれるもの。
その人の人生に、「世界」が送ってよこすもの。

だから、人と比べてもしょうがないのだ。

「なんで、自分だけこんな目にあうの?」
「なんで、自分だけ上手くいかないの?」
「なんで、こんなことになったんだろう?」

答えの出ない質問で、出口のない迷路に自ら入り込んでいく。
この質問のあとに続くのは、
誰かのせい、何かのせい、自分のせい、という言いわけ。

課題なら、取り組めばクリアできる。
課題なら、乗り越えた先がある。
課題なら、解決して得られるものがある。

この出来事からいただける、課題は何か?

それを設定するのは自分。
そう!
課題は自分が決められる。
課題設定力は、まさに生きる力なのだ。

そして、今、何ができる?
何が可能なんだ?

一つ一つ軸を持って、できることをやっていく。
そこに道は拓ける。

来るものは受けて立つしかないのだ。
その人に必要なものが、オーダーメイドでやってくるのだから。

posted by tomomi at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

たまには違う窓から覗いてみよう

久しぶりの京都駅。
構内が工事中の為、地下鉄への降り口を、
一瞬通り過ぎた。

同じものでもフレームが変わると、
違って見える。

まるで、額縁が変わると、
中の絵の価値が違って見えるみたいに。

たまには使い慣れたフレームを掛け替えて
みよう。

そこには、これまでと違う絵が、
浮かび上がってくるかも知れない。

これまで見えていなかった価値が、
見つかるかも知れない。
posted by tomomi at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

子育てお勧め本!"子どもを信じること"

TS3X0206.jpg子育てに関わる方、教師の方や保育士さん、カウンセラーやコーチなどの対人支援者の方に、ぜひお勧めしたい本に出会いました!

大隅書店さんで出版されている田中茂樹氏著"子どもを信じること" です。

医師、臨床心理士、カウンセラー、4人の子の父でもある著者が、具体例を上げながら、親の関わりの影響を語っています。多分ほとんどの親御さんが身に覚えがあることが、臨床的な裏付けをもって、シンプルに淡々と描かれていて、小気味いいぐらいです。詳しい目次などこちらをご覧ください。http://ohsumishoten.com/books02-02.html

人の本質を知った上で、本当に相手の成長のために、親は言葉しているのか?

子どもたちの生きる力を育むために大切なことを、この本は伝えてくれてます。

子どもたちの未来の可能性の目を摘まないうちに、子どもたち本来の力を取り戻すために、
一刻も早く、読んでほしい本です。
posted by tomomi at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長浜に行ってきました

TS3X01990001.jpgTS3X0204.jpgTS3X02030001.jpgTS3X01930002.jpgTS3X0188.jpg
滋賀に居ながら、なかなか行く機会がなかった長浜に、行ってきました。秀吉ゆかりの地だそうで、戦国大名にちなんだ催しもあちこちの施設で、開かれていました。なかでもお気に入りは、黒壁美術館。江戸時代の醤油問屋の邸宅に、異国情緒あふれるガラス芸術が、非日常の世界へいざなってくれました。
posted by tomomi at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

湖国の布の魅力を伝える"かばん"たち

TS3X0179.jpg滋賀県って、織物の産地だったって、
みなさんご存知でしたか?

滋賀に住んでいながら私、
全然知らなかったのです。

先日、琵琶湖の気候風土を生かした
滋賀の織物を使って、素敵なかばん・服・小物の
ブランドを立ち上げている方に出会いました。

neo/sekaiさんの、上質でしっかりしたかばん、
とっても魅力的でした!

写真の向きが直せなくて、ごめんなさい(^^:)

湖国の布をこよなく愛し、
たくさんの人に使って欲しいという情熱に、
私もすっかり魅せられてしまいました。

一度商品をご覧になりたい方は、ぜひメッセージ下さいませ。
ショップさんからのオーダーにも、応じて下さるそうですよ。
posted by tomomi at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

聴き方講座でした♪

TS3X0143.jpgTS3X014600010001.jpg















昨日は「相手が変わる聴き方講座・言ってダメならきいてみよう!」を開催しました。

暑い中ご参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

ワークを中心に、みなさまにたっぷりと「きく」ことや「きかれる」ことを体験していただきました。

ほんの数分「聞く」ことで、相手が自分のことを自分で考えるのをやめてしまったり、
相手との距離ができたり、
ほんの数分「聴く」だけで、相手が自分なりの答えを見つけたり、
本音を話せる関係性を築けたり。

みなさま、いろいろな発見があったようです!

参加したみなさま自身が、夢や実現したいこと、成し遂げたいことについて、
「聴く」の威力で、ご自身が引きだされていく体験もしていただけたようです!

ぜひ、これを機に、みなさま自身のやりたいことが動き出すと嬉しいです。

お互い「聴きあった」仲なので、休憩時間や講座の終了後も、お話がかなり盛り上がっていました。

講座のあとは、懇親会!ビールがおいしかった〜(^^)

以下、参加された方々の感想です。

●聴く姿勢によって、相手から引き出される話がかわることがわかった。
相手の話したいことをまず、きちんと受け止めて、それを伝えることが大切だと感じた。(Mさん)

●聴いてもらえるという安心感があるとしゃべりやすい。話しを聞いている途中に集中力が切れることがあったが、○○をしていると切れなかった。生活のあらゆる場面でつかいたい。(吉竹さん)

●聴き方、聞き方ひとつで、相手(相手の話し方、気持ち)が変わること、自分も変わることを体験しました。短い時間でも、ということは、実際仕事や家庭に持ち帰ってやってみるとどうなるのか楽しみです。相手を変えようとするのではなく、自分がまず変わることですね。(Hさん)

●指導者として「きづかせる」という事をポイントに指導していましたが、より相手の話しを聴くことで「気づかせる」という事ができると強く感じました。現場でトライしていきたいと思います。(大洞さん)

●コミュニケーションの講座はいくつもでたことがありますが、今回のようにワーク中心だと新しい発見があります。(話す相手によっても変わるので…)3時間が早く感じました。(Nさん)

●とかく精神論で片付けられてしまう「話す、聴く」コミュニケーションを、テクニック(手法)と本能、行動パターンというところから教えてもらえたことが良かった。実践もしっかり体験として捉えることができ、今日からでもできるような感じ。(深沢さん)

●聴く力をもっとつけたいと思いました。聴いてもらえる事で力をもらえる。改めて体感できて良かったです。(Yさん)

●仕事でいろいろな方とお会いするので、じっくり相手の話をきくことができていると思っていたのですが、聞きながら相手の中に入って行けず、頭の中は他の方へ飛んでしまっているということがありました。自分の心と話し方から、相手が受ける印象、感情について、とても勉強になりましたし、楽しかったです。(Sさん)

●聴くという事を、日常生活の中で意識しているのといないのでは大きな差がある事を日々感じているが、改めて自分が体験することができて良かったと思います。訊く、聞く、聴く…きくの違いは大きいと思います。
(Nさん)

人生の中で、日常会話以外に、しっかりと聴いてもらえる場を持つと、
きっとあなたの人生の質がかわりますよ。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
posted by tomomi at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

探し物が見つかりました

家の中で3年ほど行方不明だった腕時計と再会。

ちゃんとドレッサーの引き出しに、ケースに入れてしまっていました。

無いって思い込みが、目の前のものを見えなくすることもある。

さて、大切なもの、ちゃんと観えてるかな。

特に観えなくなりやすいものは、愛、価値、時間。

気をつけなくちゃね。
posted by tomomi at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

ルールは在り方

サッカーのファウル判定の基準は、接触の強弱ではなく、

お互いの選手が、ボールに向かった結果なのか、ということ。

つまり、ポイントは「サッカーのプレーとして正当なのか」という、

サッカープレーヤーとしての在り方を問うものでもあります。


ルールは在り方。と、するなら、自分にどんなルールを課すか。


見直そう・・・(^^:)
posted by tomomi at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

見習いたい!

女子サッカーの司令塔、宮間あやちゃん、すごいなぁ。

ワールドカップで優勝したあの瞬間、

チームメイトが歓喜している中、

アメリカ選手のところへ真っ先に行って、

相手チームの健闘をたたえたそうです。

彼女たちも傷ついているだろうからと。


試合中もいつも冷静で、ニュートラルな彼女。

周りがしっかり観えている選手です。


いい試合ができたのも、相手がそこまでの力を

引き出してくれたということでもありますものね。


自分のこと、自分のチームのことだけでなく、

負けた相手チームの気持ちも考えて、

自分の行動を律することのできる人。


“なでしこ”の名にふさわしい。
posted by tomomi at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

生命は宇宙から来た!?

昨日の読売新聞の夕刊に、気になる記事が載っていました。

“生命 宇宙から飛来?”

NASAの研究チームが、
生命の設計図であるDNAの成分のアデニンとグアニンを、
隕石から発見したのだそうです。

生命の重要な素材が地球外で作られることを示す結果で、
生命や生命の材料が宇宙で誕生し、
隕石や彗星に乗って地球に降り注いだとういう仮説を支持するとのこと。


ひゃぁ〜???

宇宙から降り注いだ生命の成分が、
地球の物質と結びつき、地球の環境に適応しながら、
地球生命体に進化したということですよね。

私たち命あるものすべては、
気の遠くなるような生命の営みの“最先端”。

まさに、瞬間々生命を体現しているということなのかもしれません。

ならば、きっと人にはもっと可能性がある。
宇宙の神秘の産物である生命には、
まだ使ってない力、眠っている力があるはず。

それを開放することができれば、
今世の中に起こっている困難な問題も、
いい方向に運ぶことができるかもしれない、と私は思うのです。








posted by tomomi at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

お陰様

お誕生日おめでとう。

知ってる人や、見ず知らずの人。

たくさんの人たちの“お陰様”で、
今日まで無事にこれましたね。

きっと、あなたも
誰かの“お陰様”になってるよ。



posted by tomomi at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

脳へのインプット

冷蔵庫で小鉢に入った「こしあん」の様な物体を発見。

色もあずき色。

どうやら息子が作った物らしい。

早速、味見をしてみると・・・・ん???

甘くない。

あんこと認識しているのに、そのつもりで食べてみたら、
これは、何?


ステーキソース?

すりおろした玉ねぎを赤ワインで煮込んだ、ソースだ。


甘いと思って口に入れたせいか、
しばらく味がわからない。
変な感じです。

体が、舌が、意識が、
視覚で認識した甘いものを受け入れる準備態勢に入っていて、
食べた瞬間、期待と違う現実に混乱したようです。

脳は、自分の思い込みに予定調和するように動き出します。

だから、自分の脳に、何をインプットするかが、とても大事。


よく、TVのバラエティ番組で、
スプーンにのった一口サイズの食べ物を、
目隠しをした状態で食べ、
その食べ物が何か当てるというゲームがありますよね。

視覚情報が無いと、私たちは食べ物の味さえわからなくなるくらいに、
視覚から得た情報でイメージを作り上げ、
そこから物事を捉えたり、解釈したり、判断したり、行動したりします。


つまり私たちには、設定した目標に向かって動き出す仕組みがあるということなのです。

だから達成したいことは、できるだけ鮮明に、
色がつくくらいに想像するといいですよ。

スポーツ選手が試合までに、何度もイメージトレーニングをするように。

脳科学の分野では、
シュミレーションしたことも実際にあったことも、
脳には区別がつかないといいます。

つまりシュミレーションするだけでも、脳の中での経験値は上がっていきます。

経験したことは、やりやすくなっていくものでしょう?

達成したいことや夢も、リアルに想像してみましょう。

未来地図などのようにビジュアル化して、何度も見るのがお勧めです。

あなたもぜひ、脳の仕組みを味方につけて、夢の実現に活かしてみてください。
posted by tomomi at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

地球になるのだ!

110716_0930~01.JPG先日、学生さん向けのキャリアデザインの授業で、
未来地図を書いてもらいました。

学生さんとの会話がきっかけで、
自分が死んだあとのことを考えると…

湧いてきたのは、
「地球になる?!」

土に帰るってことは、大地になること。

大地は地球、ってことは…

ワタシハ未来、地球二ナル?!

すごいと思いません?
将来は地球ですよ(^_^)

この話を授業でしたら、学生さんがあっという間に、
私が地球になった絵を書いてくれました。

ご本人の許可を得て、アップさせていただきました。

私の宝物です。
posted by tomomi at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。