2010年10月12日

秋空

101012_1344~01.JPG101012_1341~02.JPG
















今日の雲は、秋空に浮かぶ綿菓子のようでした。

自然は偉大な芸術家です。


posted by tomomi at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

大津祭

101010_1202~01.JPG大津祭の本祭に行ってきました。

曳山にはそれぞれ中国の故事や能・狂言から題材をとった人形や仕掛けである「絡繰り」があります。江戸時代の大津の経済力と文化水準の高さを示すものだそうです。

知り合いのお店の2階から、見物させていただきました。

曳山から投げてもらった、鯉の滝のぼりの故事にちなんだ出世開運のちまきと手ぬぐいゲットです!

地域の人達が世代を超えてひとつになれる、受け継がれてきた祭りという文化を大切にしていきたいですね。
posted by tomomi at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大津祭宵宮

101009_2045~01.JPG昨夜は会議の帰り道、大津祭の宵宮に行ってきました。

14年大津に住んでおりますが、
足を運んだのは初めてです。

大津祭は江戸時代に始まり、本祭には、ゴブラン織や装飾金具にかざられた十三基の曳山が市内を巡行します。

「コンコンチキチン」の祭り囃子が流れるなか、人々の熱気や町の一体感が伝わってきて、とても風情がありました。

町屋でライトアップされた壺庭を見ながら、偶然出会った仲間達と、おぜんざいをいただきました。
贅沢なひと時。

いい時間をありがとう。
posted by tomomi at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

琵琶湖のほとり

101006_1533~01.JPG昨日の琵琶湖です。

お仕事の帰りに、
琵琶湖でも見て帰ろうと思い立ち、
ぷらぷらとお散歩です。

なんて贅沢な!

昔の人達も、いろいろな思いで、
琵琶湖のほとりにたたずんだことでしょう。

未来に受け継ぎたい財産です。
posted by tomomi at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

和歌山 白浜です

100919_0715~02.JPG















100918_1322~01.JPG

昨日から和歌山の白浜に来ています。

今朝は朝から露天風呂に入って、
三段壁から絶景をのぞみ、
千畳敷の海岸で自然の力強さに触れてきました。

過去の記憶や思いに執着したり、
まだ来ぬ未来を憂いだり、
今起きてることを、意味づけするのをやめてみる。

目に映る海の青、波の音、風。
ただ、今を感じることに徹してみよう。


posted by tomomi at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

TV出演

昨日、大津ジャズフェスティバルの広報でBBC放送の
「きらりん滋賀」に出演しました。

ポスター持って、にこにこしてたらいいからというお誘いに、
「まあ、それくらいなら」と、大阪のお仕事からスタジオ直行。

しゃべるつもりもなかったのですが、
「せっかくですから」と、しゃべってきました。


大津ジャズフェスティバルは、
今年で2回目を迎える市民の手作りのイベントです。

マザーレイクと呼ばれるびわ湖のロケーションをバックに、
ジャズを聴きながら、歴史の街“大津”を楽しんでいただきたいと思っております。

ぜひ、10月16日、17日は大津のジャズフェスへお越しくださいませ。



posted by tomomi at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

働く男子のルール

100909_1013~01.JPG最近読んでいる本です。
タイトルは、"あたりまえだけどなかなかできない 働く男子(ひと)のルール"

著者は岸英光さん。(明日香出版社)

ただのノウハウ本ではなく、
本当の生きる力を身につけるセンスがいっぱい詰まってます。

軽快な語り口であるにもかかわらず、深い。

読書の秋。

自分の中にある答を探る"100のルール"に、向き合ってみるのはいかがでしょうか?

もちろん男子にかかわらず、人全般に向けての内容になっています。
posted by tomomi at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

レッツチャットの存続署名のお願い

病気や障がいのため通常の会話ができない方の為に、
レッツチャットという意思伝達装置があるそうです。

しかしそのレッツチャットが在庫限りで販売終了となるというのです。
自分の気持ちを伝えるそして命を守る命綱が消えてしまう。
ご本人もご家族も治療にあたる医師や看護師さんも、
困る方がたくさんおられます。

今後も販売を続けていただけるよう製造元であるパナソニックさんに、
署名を集めてお願いしようと行動されている方たちがいます。
みなさま、お力をお貸しいただけないでしょうか?

レッツチャットについての詳細はこちら↓
http://ohanashi-daisuki.com/device/index.html

私の友人に岩崎靖子さんという映画監督さんがおられます。
彼女が今とっている映画は、
この装置を使って会話をしている宮田俊也さんが主人公です。

意識が戻らないと宣告された宮田さんを、多くの仲間たちが支え、
今ではこの装置を通して、自分の思いを伝えられるようになりました。

ドキュメンタリ映画についてはこちら↓
http://www.ee-pro.net/movie/miyapu.html

周りの方とのコミュニケーションを通して、
自分を表現することを通して、
毎日を命を味わいながら過ごしておられます。

宮田さんの日記はこちら↓
http://ameblo.jp/miyapu-ohanashi/

下記、岩崎さんの日記から一部転載いたします。
ご協力よろしくお願いいたします。


******************************

病気や障がいによって声を出せない、字がかけないなどの方のための
意思伝達装置「レッツチャット」存続が危ぶまれています。

スイッチが押せる場所を探して、スイッチを入れることで、
文字を入力して、読み上げることもできます。
利用者にとって、命綱ともいえる「レッツチャット」存続に
力を貸して下さい。

署名の用紙はここからダウンロードして下さい。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/miyapupuro/syomei.pdf

*署名は何人でも構いません。岩崎まで送って下さい。
 お送りいただける方は、岩崎の住所をお知らせしますので、
 monjyu0505@@hotmail.com(@を一つ消して送信して下さい)
 まで連絡をお願いします。

*時間の制約があって郵送は難しい方は岩崎まで連絡ください。
 FAX番号をお伝えしますので、FAXください。

ネット署名でも可能です。用紙での署名が難しい方は
こちらをご使用下さい。簡単な登録で署名できます。
http://www.shomei.tv/project-1588.html#page-top

期限:9月10日までにお送り下さい。
   この記事の転載・転送大歓迎です。

♪今回の署名をきっかけに、たくさんの方にレッツチャットなどの
 意思伝達装置があることを知っていただけると嬉しいです。
 意識がない、話せないと思われていても、実は装置を使えば、
 また気持ちを伝え合える時間を取り戻せるかもしれない!
 患者さんにとっても家族にとっても希望の光となります。

♪この装置を作ってくれているパナソニックさんに、
 感謝と激励のお手紙を送りたいと思います。
 署名とともにお書き添えいただけたらうれしいです。
 もし、利用されている喜びの声もありましたら、ぜひぜひ
 お送り下さい。ありがとうでつながっていけたら嬉しいです!


☆質問いただいたこと。

 直筆でなくてはいけませんか?
 →今回の署名は直筆でなくても良いと思います。
  国にだすのであれば、法律として有効でないと…となるの
  でしょうが、民間企業にお願いするので、代筆でも可能です。

 住所は「マンション名」まで必要ですか?
 →そこまで書いていただかなくても大丈夫です。

 高校性でも署名できますか?
 →はい、大丈夫です!

ではでは、どうぞよろしくお願いします!

*******************************

私たちや大切な人たちが、いつ突然に言葉を失うということがあるかわかりません。
そのときに、自分の思いを伝える手段があったら、
どれだけの生きる勇気になるのだろう。
想像することしかできないけれど、
今、そう生きている方たちに、これから利用するかも知れない方たちに、
その装置を提供し続けてほしいと願っています。

そのために私のできることは、
このことを一人でも多くの方に知っていただくことだと思い、
お知らせさせていただきます。

どうかご協力をお願いいたします。
posted by tomomi at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

学食

100825_1238~010001.JPG某大学さんでお仕事です。

お昼は学食でいただきました。

これだけチョイスしても、500円ちょっとです。

我が家の夕食にも出前してほしいなぁ。

たくさんの学生さんたちのおふくろの味。

大所帯を預かる厨房はきっと暑いでしょうね。

午後からのエネルギー補給、ありがとうございます。

食から学生さんをサポートすることも、
日本を支える次世代の人育てへの貢献です。

未来へ繋る素敵なお仕事でもありますね。

書類を見ながら歩いていたら、ガラス扉に激突してしまいました。
所在なく笑うしかない私に遭遇した男子学生さんが、すれ違いざまに一言。

「お疲れ様です。」と拾ってくれました。

なんかあったかい気持ちになりました。

コミュニケーションをありがとう。
posted by tomomi at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

今日のランチ

100821_1329~01.JPG

大津駅近くのE'sカフェへ、ランチに行ってきました。


こだわりの有機野菜を使った前菜です。










100821_1348~010001.JPG

えびと青海苔と夏野菜をつかった冷製パスタです。

さっぱりして、暑さを忘れます。






100821_1405~01.JPG


ブルーベリーのジェラードがのったデザートです。

さわやかな甘さとブルーベリーの香りが、口の中に広がりました。

シェフの素敵なお料理、いつも楽しみです。

食材に真摯に向き合う彼の姿勢にRESPECTです。

posted by tomomi at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

実り

100815_1427~01.JPG100815_1315~02.JPG


実家の裏の畑でとれたブラックトマトです。
ロシアが原産地なんだとか。

酸味が少なく、マイルドな甘さです。

葡萄も実をつけていました。

実りを惜しみなく与えて命を繫いでいく。

美味しく生って、実を食べた動物が
いろんなところに種を落として広めてくれる。

人との繋がりに、どこか似ているかもしれませんね。

この秋、あなたはどんな実をつけますか?
posted by tomomi at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

青春の味

100818_1037~01.JPG北海道の小樽からです。
昨日は高校の時からよく通っていた喫茶店「あまとう」のクリームみつまめが、無性にに食べたくなりました。

卵をつかわない、ミルク感いっぱいのアイスクリームと、
薄切りの抹茶羊羹とさっぱりした寒天と、やわらかいお餅が入っていて素朴で美味しいのです。

よく友達とガールズトークしてたなぁ。

昭和4年創業だそうで、親子三代にわたり愛され続けています。

不断の営みに敬意を表して「いただきます!」
posted by tomomi at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

命の水

100817_1218~01.JPG4年振りに乗った自転車でツーリングです。

北海道と言えど、夏は暑いっ!

帰る途中に自動販売機で水分補給。

あ〜〜〜っ!
溶けた脳みそが生き返る。

飲みたいときに水が飲める幸せ。

足ルヲ知ル。
足ルニ感謝。

皆さん、熱中症には気をつけてくださいね。
posted by tomomi at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモメはなにを…

CA3A013600010001.JPGダンナさんの実家近くの漁港で、
漁船に止まるカモメくん発見。

まるで船長さんみたいです。

船長が船の中ばかりみて、外海をしっかり見ていないと漂ようだけ。

目的地と現在地。

これさえわかれば前に進めます。

必要な装備も行動も見えてきます。

私たちはついつい自分の頭の中でぐるぐるまわして、漂流しがちです。

人生という海原を"漂流"ではなく、
"航海"して行きたいですね。



posted by tomomi at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

街のうつろい

100814_1750~010001.JPGふるさとの小樽駅から見た街並みが、
あまりに変わっていて、
思わず足が止まってしまいました。

海と山に囲まれた坂の街小樽。

歴史的な建造物や運河があり、鰊の漁場でもあった小樽は、かつて北海道の中核都市として発展しました。

私の実家のある町は、明治時代には、
北海道で初めて鉄道が開通したところでもあります。

歴史と海と山がある、そのノスタルジーな趣が、
歴史と淡海と山がある大津とよく似ています。

私が大津に惹かれる理由も、そんなところにあるのかもしれません。
何事も一つところにとどまることの無い、この世の中。

変化を受け入れ、
今と向き合うこと。

次の世代に受け継いでいくものは、
しっかりと思いを持って伝えていくこと。

未来に取組むことは、過去に生きた人達を活かすことでもある。

久し振りのお墓参りで、そんなことを感じました。
posted by tomomi at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

サッポロビール園

100814_1601~02.JPG久し振りに故郷の北海道に帰省しています。
今日は、お友達ご夫婦とサッポロビール園でお食事です。

ジンギスカンと生ビールで、懐かし話に花が咲きました。

ワイワイ楽しい会話に食も進みます。

気がつくと4人でお肉が9人前(@_@)
濃厚なソフトクリームで締めて、お腹いっぱいだ〜。
posted by tomomi at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今から北海道へ

100814_0208~01.JPG今から北海道へ向かいます。

久し振りの帰省、おいしいものが待っている\(≧▽≦)丿

京都駅から高速リムジンバスで関西空港へ向かってます。

乗客は私とダンナさんの二人だけ。

ちょっともったいないけど、運転手さん、よろしくお願いします。
旅のおとものCD達は、ビーズと落語と綾小路きみまろ(ツボにハマるお年頃)です。

行って来ます。
posted by tomomi at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

セルフマッピング

100809_1401~010001.JPGカラフルなマインドマップじゃないけれど、頭の中にあることを、マッピングしてみました。

一枚の地図にアウトプットしてみると、
頭の中に置いていてバラバラに思えていたことの関連性や、
方向性が明確になってきます。

自分の軸の確認ができたり、思わぬキーワードがでてきたり。

ブレーンストーミングの効果もあり、アイディアが沸きやすくなります。

さあ、あとはカタチにするだけです。
posted by tomomi at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

あかね雲

100808_1904~010001.JPG昨日の夕方、我が家のベランダから
見えた景色です。

昔の人達も、この空の下で
生きていたんだな…
posted by tomomi at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

かき氷

100803_1529~01.JPG最近足しげく通っているのが、
伽羅堂という甘味やさんです。

緑茶のかき氷が、
お茶の渋味と練乳の甘さと
合いまって、
とてもおいしいです。

あぁ、日本の夏とかき氷。

日本に生まれた幸せを感じた
ひと時でした。

posted by tomomi at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。