2010年07月27日

親友

今年の夏は、しばらくぶりに故郷の北海道に帰省します。

昨日親友にその旨を連絡し、会う約束をしました。

久しぶりにTELしても、前置きのない短い会話で、すぐに通じ合える、
しょうもないことで転がるようにケラケラと笑い合える。

彼女の存在に感謝です。

ありがとう。


posted by tomomi at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

仕事

個人なら、自分の性格が○○だからなどと、躊躇したり、
やりたくない、無理だって思うことも、
仕事だとやれてしまう。

そんなことはありませんか?

仕事が人に立場をくれます。

そして、立場が職業人としての、人を創ります。

立場が人を成長させ、能力を発揮させます。

立場…自分が誰として、その場に立つか。

仕事として、相手に・顧客に・社会にどんな結果をもたらす人として、
そこにいるか。

その在り方から行動すること。

在り方の伴う仕事が、プロの仕事なのかもしれませんね。
posted by tomomi at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

時間のプレゼント

100207_1307~020001.JPG










100207_1257~010001.JPG

待ち合わせ時間を勘違い。
1時間早く着いちゃった。

久し振りにのんびりと、琵琶湖のほとりをお散歩です。

何時までにここに着いて、
この資料に目をとおして…なんて、
いつも目的の時間に合わせて動いてたので、思わぬ時間のプレゼントです。

ゆっくりと風を感じて、景色を味わっています。

このひと時に感謝(*^_^*)
posted by tomomi at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

街づくり

いろんなご縁の中で、
街づくりにコミットを持つ方ともお知り合いになります。
会話の中で自然に観点をいただいているのでしょう。

電車の中で、「人」を感じながら、ふと思ったのです。

自分の住む街を自分達で創れる、または“そこ”に関われるって、
これはもしかして、すごく幸せなことかも!って。

世界には戦争でぐちゃぐちゃにされてしまった街、
支配されてしまった街があります。

その日命を繋ぐだけで精一杯の人たちには、
手がつけられないことかも知れない。

その人たちにとっては、
他国の人や支配者にゆだねるしかないこともあるでしょう。

でも、私達には大小に関わらずそのチャンスはある。

自分達の住む街がどうあってほしいか。
どんな街だったら素敵か。
そうなるために必要なこと、できること。
そして何をツールに関わるか。

そんな観点から、自分の街を味わってみよう。

人は人に触発されて価値観が広がっていきます。
物事を観る立ち居地が変わると、
観え方も観えるものも変わってきます。

そこに新しいものが生み出される可能性があります。

人のご縁こそ、成長の種ですね。
posted by tomomi at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

気持ちの波

プロゴルファーの石川遼くんが、
TV番組でインタビューに答えてました。

「去年はガッツポーズをあまりやらなくなりましたね。
何かありましたか?」

そう訊かれた彼の答は、
「いい時は押さえる。悪い時もこらえる。
気持ちの波を立たせない。
その方が消耗しないから。」

私たちはついつい、気持ち次第で現実を動かしてしまいがち。

でも実はそれが、人の能力の発揮の妨げになっているのです。

まさに平常心のことですね。

頼もしい18歳!
posted by tomomi at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おめざ

100125_0648~01.JPG今目の前にあるものに集中する。

お茶を点てると、
自分が今、目の前の現実と、
"ただ" 一緒に居るのを感じます。

香り、色、泡、茶筅、茶碗、手。

何も足さず何も引かず、澄んでいく。

そんな時間です。
posted by tomomi at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

幸せって?

「キミを幸せにするよ。」
さて、どんな幸せかしら?

相手が何を幸せだと感じるか、訊いたことはありますか?

どんな幸せを望んでいるかをお互い知らなければ、
二人の道はすれ違って行きます。

従業員や社員の幸せ、お客様の幸せ、
それぞれ違う、幸せのカタチ。
posted by tomomi at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

龍馬!

皆様、あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

っていうか、久しぶりの日記です。

昨年は、いろいろなご縁をいただき、
充実した1年を過ごさせていただきました。

今年も出会いを大切に、道を進んで参ります。

さて、NHkの大河ドラマ、福山龍馬は素敵ですね〜。

結婚前は新撰組の沖田総司ファンだった私は、ふと考えました。

侍同士の差別の中で育ってきた龍馬と、
百姓から武士になろうと上洛した新選組。

同じ差別の有る世に生きた彼らの違いは
なんだったのでしょう。

世の中や次の時代を創る志を持っていたか、
自分達の立身出世が思いの中心だったのか、
そんな違いがあったのかもしれませんね。

「公」を含んで動くのか、「我が身」のみで動くのか・・

時代の大きな変わり目を迎えている私達に、
歴史が示唆するものは何なのか。

この龍馬ブームは、老若男女が日本を考え直す、
大きなチャンスかもしれません。
久々に楽しみに観ちゃいそうなドラマです。


このところの厳しい冷え込みに負けて、
コタツを出してしまいました。

毎年、コタツの魔力にやられてしまうのですが・・・

ちゃんと間違いなく日本に四季が訪れていることに感謝です。

posted by tomomi at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

小学生の下校時間、子供たちが安全に道路を渡れるよう、
地域ボランティアの年配男性3名が交差点で
黄色い旗を持って立っていました。

そこへ1年生くらいの男の子がやってきました。
ランドセルが歩いているみたい。(^^)

「ほら、はやく渡らないと信号変わっちゃうよ、はやくはやく!」

男性たちは横断歩道の両側に立ち、
壁になって「はやくはやく」と男の子をせかせていました。

その声にうながされ、男の子は小走りに走り出します。
道路のまえに立ち止まることもなく、左右の確認もせずに、
男性たちに言われるままに走って渡る。

多分何にも考えてないよな。
多分自分で判断してないよな。

間(ま)がない。

反応で動いてる。
おじさんが呼んでるから渡る。


ん?これでいいのか?

時には赤信号だって突っこんでくる車もいるだろう。

大人がいないときでも、子どもが注意深く、
自分で気をつけて道路を渡れるようになることが、
子どもを守ることになるんじゃないのか?

子どもが自分で交差点のあらゆる方向を確認し、
自分でGOサインを出して渡る。

自分で自分の身を守る力をつける。それも生きる力。

大人がいるときこそ、
安心安全にそこを練習させてあげられるんじゃないのか。


そしてこの「間」ってすごく大事。

安全に道路を渡るために左右を確認する。

例えば明日の授業をしっかり受けられるよう、勉強道具を用意する。


何かをする前にほんの少し立ち止まって“何のために”やるかを
セットアップできたら、それが自然に身についていったら、
パワフルな子どもたちになるだろうな。

そんな子どもたちが溢れる未来にしたいです。

posted by tomomi at 17:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

逢いたかった人に逢ってきました

昨日、ずっとお逢いしたかった方に逢ってきました。

岩本 悠さん。
昨日は京都で開催された講演会に行ってきました。

実は彼の著書である“流学日記”を渡したのがきっかけで、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4835563018/ref=nosim/netbusinessho-22/

我が家の長男も流学しております。
(今はインドにいるらしい。)

当時高校生だった長男は、自分とあまり年の変わらない若者が、
旅先で人に触れ、自分に触れ、
成長していくさまに感銘を受けたようです。

そしてあの頃の私にとっては、
旅先にたずねて行った岩本さんのお父様の
「心配するのは親の仕事」という言葉が、子離れの一歩となりました。

まさに2人にとっての運命の人なのです。

長男に触発をくださった岩本さんに逢える。
始まる前から、なんともいえない思いで涙がとまりませんでした。

インフルエンザ予防のためのマスクの中は、
涙と鼻水でぐちゃぐちゃでした。

顔が隠れててよかった。

講演終了後、そんないきさつを岩本さんにお話して、
握手してもらって、シャメも撮ってもらっちゃいました。

さっそく長男に自慢メールを送りました。
なんせ写真を添付したいがために、
大学生ばかりの中に混じって並んだんですもん。

岩本さんの素朴で温かい語り口に、
参加した学生さん達が心を開いていくのを感じました。

彼の在り方が引き出しているんだろうな。

そしてそこにいたのは、
紛れもなく次の世代を担う“未来を創る人”たち。

彼らのパワーに触れて、
あらためて“未来を創る人”を育むことに命を使いたいと思いました。


posted by tomomi at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

“できない”と“やらない”

“できない。”

人はいとも簡単にこの言葉を口にする。

だが本当に「できない」のだろうか?

「やってない」あるいは「やらない」のではないだろうか。

「やったけどできなかった。」

じゃあ、その方法ではできなかったけど、
他にできるようにする工夫をしてみた?


先日、梅澤千雅子さんとお仕事をご一緒しました。

企業コンサルタント、カウンセラーでもある彼女は、
バリバリのキャリアウーマンだったそうです。

ところがある朝眠りから覚めたとき、身体が動かない。

そこからが地獄のはじまりと、彼女は語ります。
突発性のリュウマチで両手両足の機能全廃というハンデを背負い、
常に全身が痛み、骨折しているのも気づかなかったくらいだそうです。

どん底の暗黒の時を味わった彼女を突き動かしたのは「感動」。

湯治場で、自分より重症の方があきらめていない姿に感動し、
外に出るようになる。

そして一枚の日本画との感動の出逢いが、
箸も持てない彼女を画家の道へといざなったのです。

何度も何度も断られながらも、ついにその絵の作者に弟子入りし、
一本の線を描くことからはじめ、
できないことをできるように工夫し続けてきた彼女。

その存在に触れたとき、私は人の中にある“強さ”を垣間見た気がしました。

この先は、ぜひ彼女の講演で聴いてくださいね。

今は新しい画法や、ジャズボーカルにも挑戦中とのことです。


〜“今”取り組むことが、自分の未来を変える〜



posted by tomomi at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事とキャリアの相談サービス〜キャリアカウンセリング〜

若年労働者キャリア形成相談(無料)

働く若者や求職者向けのカウンセリング相談事業 
仕事とキャリアの相談サービス〜キャリアカウンセリング〜

専門のコンサルタントと一緒に自分の仕事、将来について考えませんか?
職場での悩み、将来の職業設計、その他就職に関する悩みの無料相談を行います。
対象は、概ね35歳までの働く若者や仕事を探している若者など、幅広く相談を受付します。
(秘密厳守・事前予約制)

※キャリアカウンセリングとは・・・
仕事や職場の人間関係など働くことに関する悩み、今後の働き方やキャリアプランについて、専門のキャリアコンサルタントとお話することで、あなたの「よりよく働く」を応援するサービスです。

※相談例・・・
転職活動や転職市場について、職場の人間関係やトラブルについて、今後のキャリアについて、自分の強みや適性について、など。

※毎週火曜日(第5週。祝日を除く) 18時から21時
 @18:00〜18:50 A19:00〜19:50 B20:00〜20:50
 各回1名 50分 事前予約制
 
 大津市勤労青少年ホーム(大津市勤労福祉センター) 大津市打出浜1−6
http://www.city.otsu.shiga.jp/www/contents/1206921407943/index.html
 
 お申込み 077−522−7474

posted by tomomi at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

シンプル イズ ベスト

“わかる、腑に落ちる、納得する”と、人はよく口にする。

それがなければ、動けない人もいる。


自分の頭の中に納まるほど、世の中は小さくない。

そんなものは、たかだか自分の経験則の範囲にすぎない。

ぜいぜい自分の思いつきそうなことでしかない。


スモールワールドで、わざわざ物事を複雑に、
難しくやっていませんか?







posted by tomomi at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

夢を叶える人

おとといは、ラジオの収録でした。
夢を叶える≠テーマに1時間、パーソナリティを努めました。

ご一緒した方は、子どもの頃からの夢を叶え、
アナウンサーになり、起業された女社長さん。

50代の方ですが、いつも元気でパーワーをもらいます。

なんせ収録の間中、とにかく楽しそう!
とっても輝いてる。

こちらもムードに乗せられます。

お話を伺っていて、夢を叶える人≠フ共通点を発見しました。

☆「思い立ったらすぐやる」

  チャンスの神様の前髪をしっかりつかんでる。

☆「好きなことをやる」

  彼女の口癖は、この仕事が好きなのよ〜なんです。
  マイクで話すのが大好きなの、と・・

  自分が好きなこと、楽しいこと、ワクワクすることをやりつづけてる。

その人が自分であることを発揮する。
楽しい、ワクワクする自分を表現してること。
それがまわりの人を力づける。

そんな人を増やしたいんですよね、私。(^^)

で、8月30日にやる、ワークショップセミナーを
ちゃっかり告知してきました。
題して「ライフデザインコーチング〜あなたの夢のみつけかた〜」
http://tomomilog.seesaa.net/article/124975102.html

まずは自分のワクワクに気づいてもらって、
夢のたねを見つけるところからはじめましょう、
というものを企画したんです。

ちゃーんと、ジャズフェスの実行委員募集のアナウンスもしてきました。

あらら、告知事項がある時に、
うまいことラジオに出られるようにデザインしているわ、私。
posted by tomomi at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

ジャズライブのMCしました♪

24日は、大津ジャズフェスティバルのプレイベントがありました。

石山のUストーンで“映画音楽とジャズの夕べ”

名画のエピソードをナレーションで紹介しながら、
映画のテーマ曲や挿入歌の生演奏を聴いていただくイベントでした。

なんかおしゃれでかっこいい空間。

第一部のMCを担当させてもらいました。


ライブハウスが暗いことは想定して、原稿の文字をを濃いめ、
大きめにプリントアウトしていったけど、甘かった。

予想以上に暗いかった(><)

すかさずスタッフさんがミニライトをもってきてくれたのですが、
操作の加減で、途中点灯せず、映像も暗い場面に入り一瞬まっ暗に!
ヤバかったです。

「あらら・・原稿読めない」
マイクと口の距離もわからなくなって、前歯がマイクにぶつかる。

「どうしよう・・」
でもそこに居とどまるわけにはいきません。

すぐに手放し、
「今できることは何?」と、
もう1度ミニライトのスイッチを押してみる。
そうこうしているうちに、
映画のフィルムの場面が少し明るい場面に変わり、
無事続行できました。

起きたことは起きたこととして、
次に進む。

起きたことに引っかかってると、
もう先の文章に集中力を欠いてかみかみになってしまいます。

そして次!これがダメージを最小限にとどめるコツかもしれません。

現場で言うことがどんどん増えていくので、
会場での連絡事項など、
どんな状況でも対応できるように、受付や物販、
ドリンクやフードの扱いなど全体を把握して、
先に起こりそうな事態をシュミレーションしておくのも大事ですね。

ふふっ♪
MCはクセになります。
posted by tomomi at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

終わった〜GO

先日「音楽の祭日」のイベントが無事終わりました。

準備期間が1ヶ月も無い中、どれだけお客様が来てくれるのか不安でした。
プロのアーティストを呼んで、観客がいなかったらどうしようって・・

セッッティングをし、リハーサルを終えるとあっという間に開演時間。
ふたを開けてみると、50人程のお客様が来てくださいました。

このイベント開催にあたり、
知り合いの地元のテレビ局の方が、音響設備に関して、
全面的にバックアップしてくださいました。

さくさくと段取りもアドバイスくださり、
私達が行き詰っても、
「たいしたことじゃない。米粒みたいなことです。」と、
どうやったらできるか、「やる」と言うところから会話していきます。

現場をこなしてきたプロというのは、
こうしてお客さんをはじめ、素人を含みながら、
予期できずとも起きてきた現実に、対処し続けてきたのでしょうね。

私達の人生に引き当ててみると、
意図からその都度状況に対応できる能力を養うことが、
生きる力を身につけていくことなのかもしれません。

ご協力感謝に感謝です。

プロジェクターに映し出した絵本にあわせて、
ピアノやクラリネットの音と、ナレーションで、
みなさんを絵本の世界観にいざなったり、
絵の動きをピアノの音で表現した作品があったり、
お話をイメージした香りやお菓子をからめたり・・・

みんなのスキルを持ち寄って、
1つの事をを創り上げた貴重な体験でした。

懇親会も終わり、片づけを終えたメンバーたちが、
口々に「お腹減ったぁ」「つかれたぁ〜」と言いながら、
残り物のお料理をむさぼる姿は、なんと愛おしく、
かわいらしかったことか・・・

まさに、同じ釜の飯を食ったって実感です!

みなさん!素敵な時間をありがとうございます。

そしてそれぞれ次のステップへ、GO!
posted by tomomi at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

あと2日!

仲間と企画したイベント、「音楽の祭日」まであと2日。

音楽の祭日とは、1985年にフランスで生まれた「音楽の祭典」が原型。
世界200都市以上で、夏至に同時開催されているそうです。

音楽を共通言語として、世代、性別、民族を超えたすべての住民参加イベント。
文化振興と国際交流を目的としています。

仲間達はみな仕事や家庭を抱えながら、この活動に参加しています。
なかなか時間をあわせてつめていくことが出来なかったり、
広報活動が後手にまわってしまったりと、あせりもでてきます。


音を楽しむと書いて“音楽”。

音楽は太古の昔から、私達と切っても切れないもの。
小さな赤ちゃんから老人まで、音を聴き、自然にリズムをとる。

音楽を流すことで、植物がいきいきしたり、牛の乳の出がよくなったり、
生き物と音楽との不思議な関係。

私達の活動拠点となっているイタリアンカフェの名、ミラクルは、
Mire (不思議な) clue (問題を解く手がかり、きっかけ)という意味です。

音楽も Mire-clue なのかもしれません。

音を奏でられる人はうらやましいな・・・って思います。


そして私達ひとりひとりが自分の持ってる音を奏でて、
ひとつの曲を演奏する。
チームとはそうやってできていくものなのかもしれませんね。

その日、ひとつの会場にたくさんの人達が集まる。
このイベントがなければ、場をともにすることなど無かったかも知れない人達が
一緒に“音を楽しむ”きっかけを私達が創っています。

ほんの数ヶ月前は、お互いに知らないもの同士だった私達が・・・

それぞれの音を奏で、時には不協和音を鳴らしながら、カフェをオープンさせ運営し、
新しい仲間が加わって、レストランになり、今度は音楽のイベント。

振り返ると、なんかすごくないですか?(^^)

そして創る側の私達が楽しくなければ、お客様も楽しくないですよね。
きっと!


先日収録したラジオ番組が昨日放送されたのですが、
イベントの告知とともに、ゲストで来てくれる山下忠彦さんの
「信頼」という曲を流したら、
アナウンススクールの先生が「これいいね、今度CD買ってきて!」と言ってくれました。

♪ 街で一人暮らし疲れながら 夢を追う事 意味を無くしていたけど

 目の前にはいつも大きな壁があるけど
 いつかそれを超えられられた時には
 素晴らしい世界が見えるはず
 その時が今ここにある

 どんな大きな壁の前でも 超えて行ける 君が居てくれたから
 愛情よりも 友情よりも 求めていた 信頼と言う君に

    (中略)

 見栄をはったり 背伸びをしなくていいよ
 誰にも心の弱さはあるから
 君の夢叶えられるまで
 いつまでも 力になるよ

 どんな大きな壁の前でも その笑顔をたやさないでほしいから
 愛情よりも 友情よりも 求めていた 信頼を今君に

                 (山下忠彦 “信頼”より抜粋)


音楽を媒体にして、誰かに何かが届く。
そんな音楽の可能性を、20日のイベントでお客様に届けたい。

その日お客様が、楽しかった!来て良かった!と思ってもらえるように。
そしてスタッフも楽しんで!

大津に笑顔の人が溢れる、そんな1日を創ります。

お祭りですもの!私達も楽しもう(^^)V

イベントは16時から、17時30分からは懇親会もあります。

あたらしい出逢いで、何かのきっかけを掴みたい方がお越しいただけたら嬉しいです。
posted by tomomi at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

音楽の祭日プログラム

仲間たちと一緒に企画したイベント、
【2009音楽の祭日】の詳細です。

@ 実施日時 6/20(土) 16:00〜19:00。 
(T部:音楽の祭日16:00〜17:30 U部:懇親会17:30〜19:00)

A 場 所 アルプラザ大津6階イベント会場

B テーマ ≪五感で音を楽しむ、音楽の祭日≫

視覚・嗅覚・味覚・触覚そして聴覚。人間は五感をフルに使って生きている。
音楽を通して、改めてその感覚を実感する内容として、異業種のプロが集まるチーム キセキ メンバーがプロデュース。
からだ中で、音楽を楽しむプログラムです。


16:00〜 T部 オープニング

*ウエルカムミュージックとスケッチ教室 児玉紘一先生と
 生徒による絵本作品展示(NPOヒューマンサポート協会 
 大津京塾スケッチ教室主宰)

16:05〜16:50 音の世界をもっと豊かに〜かおる・あじわう・
         きく・みる・ふれる〜

*音楽と絵本のコラボレーション

*絵本読み聞かせ1作  ピアノ・クラリネット演奏 

 アロマテラピーの香りを使って香りを楽しみ、クッキーを味わい、
 絵本の世界を楽しむ。

*ピアノ演奏とアロマテラピーのコラボレーション(3曲)

*会場中で歌って、会場とピアノとのコラボレーション

 演奏:徳田直美・池田利恵子/ナレーション:笠井智美・
 アロマ:岩崎裕美子・PC:櫻井詔子

17:00〜30分間 シンガーソングライター・俳優 
          山下忠彦さんによるライブステージ
http://www.mediatv.ne.jp/ongakunosaijitsu/profiel.html


17:30 T部終了

17:30〜19:00 U部 懇親会 (立食)

E’s Café Mira-clueオープン記念 (参加費3500円)

アロマDEゲーム(アロマ源氏香)岩崎裕美子・センセーションカラーセラピー・Izumi

NPOヒューマンサポート協会・チーム キセキ共催

お申込 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=p58268431


みなさん、ぜひ遊びに来てください。


posted by tomomi at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラジオ出演しました

本日 FM草津のラジオ番組、WEEKENDROCKETS785に出演しました。
言い残した?いやいや補足事項を書きますね。

 090607_104228.JPG

(写真はパーソナリティのエリハさんと。)

☆コーチングとは?

 誰にでも「やろうやろうと思っているのにやってない」
 「やりたいやりたいと思っているのにやれてない」事がありますよね。

 コーチングは、あなたの行動を妨げている原因を掴み、
 自発的な行動や能力や可能性を引き出して、
 あなたが望むことを実現することをサポートする
 コミュニケーションスキルです。

 めちゃくちゃ簡単に言うと、「あなたが行きたいところに連れて行く」
 のが、コーチのお仕事なんです。

 夢を実現したい、なりたい自分になる、人材育成、接客業、
 営業成績をあげたい、経営の分野、教育、福祉などいろいろな
 分野で取り入れられています。


☆具体的にどんな活動をしていますか?

 1対1の個人コーチング、グループコーチング。

 保育園や学校での講演、カルチャー教室、大学、職業訓練校、
 経営者セミナー、企業研修等の講師。

 イベントの企画・運営などいろいろとやっております。


☆苦労話、やりがいを感じる時は?

 苦労(精神的、肉体的に苦しむこと)・・・見当たらない(^^)
 コーチングでは何を使ってでも前進するし、結果が出るので、
 苦労として残ってないんですよね。

 やりがいを感じる時は・・・
 自分が出来ない!無理!としてたことが
 できた時、人って本当にキラキラした笑顔をするんです。

 クライアントさんの“命”がよろこんでキラキラが溢れ出す、
 その笑顔がたまりません。

 その方の人生を広げること、
 その方が自分を活かして生きること、
 そのサポートをさせていただけることがこの上ない幸せです。
 コーチ冥利につきます!

 生まれてきてよかった。
 この仕事に就いて、心の底からそう思うようになりました。

☆今後の抱負は?

 職場を変えたいです。

 1日の多くの時間を過ごす職場に、
 活き活きと仕事をする人を増やしたい。
 そしてその結果、チームや組織が結果を出せたらいいですよね。

 子育て支援も就活支援も、送り出すその先は職場です。
 送り出した人たちが、自分を活かして働けて、
 経営者の思いも伝わるよう、両方からアプローチしていきます。

 キャッチフレーズは“今日の笑顔と明日への勇気!!”

 毎日いろいろあるけれど、今日笑顔になって、
 明日もう一歩踏み出せたら素敵。

 FM草津のみなさま、ありがとうございました。
 


  

 
posted by tomomi at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

幸せを感じるチカラ

大切なものは遠くにあるのではなく、普通の毎日に、身の回りにある。
それを感じ続けられることが、幸せを感じる能力なのだと思います。

大切なのは、1日たりとて同じ日のない毎日を、味わうことなのかも知れませんね.

何気ない日常を愉しめる・・・そんな人で在りたい。
posted by tomomi at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。