2015年01月27日

ファシリテーター養成講座&ホワイトボード活用講座(in滋賀)【早期割引ありです】

こんにちは。
後継者の軍師認定コンサルタント(1級)笠井智美です。
今日は、パートナーの中小企業診断士の永井さんとの
コラボセミナーのお知らせです。

【ファシリテーター養成講座&ホワイトボード活用講座(in滋賀)】

仕事やプロジェクト、地域活動など、
私たちは様々な会議に出席する機会があります。

でも、形骸化した会議やミーティングに
時間を奪われてしまうことはないでしょうか?

貴重な時間が、会議のための会議、
時間通りに終わることが目的になって、
決まったことが実践されない会議、
報告中心の穏便に終わればいい会議で終わってしまうのは、
とてももったいないですよね。

これからの時代は、社内のみならず、
異業種や多様な人達とプロジェクトを立ち上げ、第2創業など、
新しい活路を見出していく時代です。

参加者の智恵や体験を引出し、問題解決に有効なアイディアが活発に出て、
決まったことが実施される会議にするためのファシリテーション技術を身につけ、
そこに集う人たちを通して、
課題を解決していくリーダーシップに活かしてみませんか?

そして午後からは、会議の参加者が会話の流れを共有でき、
議論のプロセスやアイディアを、板書で見える化する技術を、
ホワイトボードの魔術師こと永井さんのリードでお伝えします。
会議が終わった時には、議事録がホワイトボード上にできていたら、
うれしいですよね!

会議やミーティング、研修、
コンサルティングの場面にも活かせるファシリテーションとホワイトボードの技術を、
是非この機会に一緒に学びましょう!

日時:3月22日(日)9:45〜16:45 

会場:フェリエ南草津5階 草津市立市民交流プラザ 
   小会議室2(JR南草津駅すぐ)

 http://ferit.jp/index.php?action_access=dummy 

受講料: 10,000円
(2月22日までの早期割引期間にお申込みされた場合は、
 8,000円で受講できます)


講師:笠井智美
(軍師認定コンサルタント1級、コーチ、キャリアカウンセラー)
http://www.presence-c.com/

   永井貴之
(軍師認定コンサルタント1級、中小企業診断士)
http://www.support-keiei.com/

お申込みフォームはこちらから↓↓↓
http://kokucheese.com/event/index/257906/

申込締切:3月18日(22:00迄)

お問合せはupfields_com@yahoo.co.jpまで

主催:軍師流キャリア塾

事務局:プレゼンスクリエイト次世代経営研究所(笠井)


posted by tomomi at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座・イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

後継者のための「自分のベクトル発見ワークショップ」を開きます

おはようございます。
後継経営の軍師・コーチの笠井智美です。

会社を継ぐか、継がないか?
後継者さんにとって、自分の人生に関わる大きな選択ですよね。

でも、自分が本当にどうしたいのか?
継いだとしても、どんな会社にしたいのか?

自分が進むべき方向性や軸がはっきりしないと、
言葉に力がなく、
会社も社員さんも導くことができません。

人生と仕事、人生と経営との接点を見つけることから、
決意と覚悟へのステップがスタートします。

まずは、自分のベクトルを見つけることから始めましょう!

もちろん一般の方、学生さん、後継者の方以外でも参加できます。

【自分のベクトル発見ワークショップ】
〜人生ベクトルマップをつくって、ぶれない軸を手に入れよう!〜 

人生の指針となる自分の軸を見つけて、ベクトルマップを作成しましょう。

キャリアカウンセリングで自分に気づき、
ご自身の心が指し示す方向性(未来)を引きよせるコーチングを融合したプログラムです。

自分の人生にぶれない軸をみつけるために、
まったりとした雰囲気の中で、ご自身と向き合っていただけます。

方向性を見出したり、「経営理念と自分」「仕事と自分」との接点を改めて確認することができ、
リーダーや専門家としての言葉にも、より影響力が出てきます。

日時:2015年2月8日(日)10:00〜16:00
    (参加人数により、終了時間は、多少前後する場合があります)

会場:大阪市立市民交流センターひがしよどがわ 305室(JR新大阪駅すぐ)

   http://www.skc-higashiyodogawa.jp/html/access.html

受講料: 5,000円

(1時間たった1千円で、プロのキャリアカウンセラー・コーチとともに、
 あなたの人生と未来に向き合う時間が持てます。)


講師: 笠井智美
(軍師認定コンサルタント1級、コーチ、キャリアカウンセラー)

お申し込みはこちらの申込フォームから↓
http://kokucheese.com/event/index/257886/ 

申込締切:2月5日(22:00迄)
※事前ワークシートに取り組んでいただきます。

ベクトルマップを作成し、自身の変化を感じてくださった、参加者の方感想です。


<参加者の感想>

・理念的なことは前々から文章に落とし込んだりしておりましたので、
ベクトル マップは既存の考えを再整理するような感覚で作りました。

ただ、何度考えても、新しい言葉やフレーズが出てくることは驚きでもありました。

ベクトルマップ作成後は、
普段使っているノート(行動記録用)とダイアリ(計画用)、
&Ipadに入れ て常に持ち歩くようにしてます。
朝仕事に取り掛かる前にストレッチ&丹田呼吸 する習慣があるんですが、
その時にベクトルマップの内容を思い出すようにして ます。

作った後は。日ごろの判断・意思決定が早くなりましたね。
たとえば、各種のセミナー情報が 日々飛び込んできますが、
ベクトルマップに合致するしないで受講の選択ができるなど、
生活・仕事両面においていろいろと「拠り所」となっています。(40代 Nさん)


・自分がどんな方向性を持っているのか、軸がはっきりして、自分が揺らいだり、迷ったり、
忙しくなってしまった時でも、目の前のことが何に繋がっているか確認でき、戻れる場所ができました。

手帳に貼って持っていますが、仕事や学びを選ぶ基準となり、時間やお金をどこに投資するか、
何をしていくか、価値を考えて使うようになりました。

一日を振り返る指針にもなっていて、自分の行動や結果が、軸に沿っていることが確認できたときは、
納得感と安心感があります。

また、ワークで人生を俯瞰することができたので、仕事だけでなく、
今まで後回しにしていた家族に対しても、何を大事に向き合うのか考える機会になり、
掛ける言葉も変わってきました。(50代 Tさん)


お問い合わせは、upfields_com@yahoo.co.jp まで、お願いいたします。

みなさまのご参加をお待ちしております!

どうぞよろしくお願いいたします。


主催:軍師流キャリア塾 
事務局:プレゼンスクリエイト次世代経営研究所
担当 笠井智美
posted by tomomi at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座・イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

人が活き活き仕事をする秘訣とは?

こんにちは。
コーチ&軍師の笠井智美です。

めずらしく?家事をしながら、
つけっぱなしのTVから流れてきた番組が素敵だったのでご紹介します。

それは、退職した職人さんたちが起業した会社の紹介でした(隣の人間国宝より)

利益優先がはずせない大企業で培った技術を活かして、
世界を相手に「利益をあんまり考えない(笑)」で、
好きなことで役に立つことをしているのだと、
高齢の社長さんが語ってました。


あまり難しく考えずに、
「なんか、おもしろそう!」
「やってみよう!」ってやっちゃうんですって。

きっと、これがあると、
人のバイタリティがくるくる回り続けるんだろうな。

活き活きして楽しそうな雰囲気に、思わず魅入ってしまいました。

家族のため、生活のための働き方を卒業した後の、
本質的な働き方、命の使い甲斐。
これからの高齢化社会では、こんな会社が増えていくのかもしれませんね。
http://www.asahi.com/articles/ASG1S4GJKG1SPLFA002.html
posted by tomomi at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

社員のモチベーションを上げるには?

こんにちは、軍師、エグゼクティブコーチの笠井です。
もう11月、もう今年も大詰めですね。

1月にはいろいろ目標をたてて、今年はやるぞー!と、決起集会をして、
社内のモチベーションが上がったはずなのに、そのあとが続かない。
社員のモチベーションは、どうやってあげたらいいのでしょう?

とても多いお悩みです。

 2014年11月8日に宮崎駿監督がアカデミー名誉賞を受賞されましたが、
長年作品を創り続けるモチベーション維持できたことについて、
記者の質問に答えておられるのが印象敵なので、ご紹介しますね。

「モチベーションは毎回衰える。
ある日突然、こんなことではいけないと思って取り戻す。
そういう事の繰り返しだ。」

お祭り気分がいつまでも続かないように、
モチベーションも上がるものなら、下がるものでもあります。

大切なのは、
自分の中のモチベーションが湧きだす源泉を見つけることです。
その存在に気づき、その存在を自身が認めることです。

やる気が出たり、出なかったり、
気分が乗ったり、乗らなかったりもする。
いつもやる気がみなぎっているわけじゃない。

でも、やっぱりやってしまう。
自分の中にある芯となるもの、
もどれる軸、引き戻される磁石のような、
自分自身を引っ張ってくれるもの。

それは、他人や上司が操作できるものではないのです。
他人は、変えられません。

変えられるのは、自分の行動だけ。

社員さん自身が、どう生きたいのか?
どんな志を抱いているのか?
ご本人がそれに気づき、それを会社の理念や日常の仕事に見出す。

自分の人生と会社の仕事がつながれば、
きっと、モチベーション次第じゃない、
やる気という気分次第じゃない、
志からの仕事ができるかもしれませんね。

そのためには、
・社員さんが自己の客観視・自社や仕事の客観視をできる環境をつくること。
・リーダーが、志からの仕事を実践する「体現者」であること。

つまり、環境や風土を創った結果、
社員のモチベーションが湧きやすい職場になるということなのです。

まずは、リーダーが周りに影響する体現者になってみましょう。

そして、自分に質問してみましょう。
「社員のモチベーションが上がらないせいに、していないか?」ってね。
posted by tomomi at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

人財育成の秘訣とは?

こんにちは。
軍師の笠井智美です。
今日は人財育成の秘訣について、書かせていただきます。

PDSサイクルで、Plan-Do-SeenのS(→観察)が、一番大事。
この時に、一番「人」が育ちます。

「やってみてどうだったか」を、相手が観察する間を与え、
自分で振り返り、自身が気づく「プロセス」をしっかり通って
本質をつかむからこそ、応用できるようになるのです。


行動と、環境との相互作用の中で、実際何が起こっていたのか、
自分の内省と外との関係性と絡めて振り返り、紐解くからこそ、
勘所が掴めたり、現場で使える能力が育ちます。

このSeeの時に、すぐに上司や対人支援者がアドバイスしたり、
答えを与えてしまうと、本人の財産になるチャンスを奪ってしまいます。

だから、状況に応じて使いこなせず、同じ失敗を繰り返し、
行動が変わらない、前進しない、成長しないというレッテルが貼られ、
更に答えを与えるから深く考えないですみ、
自分のアタマで考えないから成長しないという、
悪循環を生んでしまうのです。

そもそも、状況も相手も本人の能力や経験も資質も、
アドバイスをする側と全く同じ場面などあり得ません。

経験者のアドバイスは、あくまで可能性の一つですね。
posted by tomomi at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

お母さんの軍師からのメッセージ

おはようございます。

軍師の笠井です。
今日は、「お母さんの軍師」として書いてみました。(^^)

お母さんたちが相談に来られると、
ほとんどの方に共通するキーワードがあります。

社会から切り離されてる気がする。
社会から取り残されている気がする。
子どもと離れたい。
子どもと離れたいから、子どもを預けたいから、
働くと保育園に入れられるから、働きたい。

5,6か月の乳飲み子を抱えてやってきます。

子どもたちは未来を創る人財であり、
将来社会を支える人になる存在。

その子どもたちの、人間としての一番の基礎が発達していく時期。
自分の存在が母親によって無条件に受け入れられ、
人への信頼感や潜在的な自己肯定感が育まれる時期。

その子の一生を左右するかもしれない重要な時期。

その時期を担う、「人間」を育てるお母さんたちが、
社会と切り離されているわけがないのです。

一番社会の未来と繋がっている人たちが、
お母さんといっていいでしょう。

貨幣を生み出すところだけが、社会じゃない。

お母さんの頭の中にある「社会」の概念が変わり、
未来を含んだ時間軸での、
社会におけるお母さんという仕事が果たす役割を、
どれだけ感じ取れるか。

そこが大事なのです。

なので私はセッションで、いつもお伝えしています。

「子育ては人育て。
将来社会を担う人たちの、人財育成のベースですよ。
プライドを持ってくださいね。」と(^^)

お母さんたちが、もう一度「母」であることを自分の意志で選び、
母としての「決意と覚悟」を持った時、きっと何かが変わります。

そのためには、お母さん自身がまず自分を見つめること。
自分は、どんな人生を生きたいのか?
どんな家庭を築きたいのか?
子どもにとって、どんな親でありたいのか?

お母さん自身が、自分の生きる志に出逢うこと。
アイデンティティの成長がいりますね。

そして地域や社会の、どんなお蔭様の中で、生かされているのか?
価値が観えなければ、価値は生み出せません。

まずは、家庭を経営し続けながら、
人財育成し続けながら働き続けられる、
社会に出るための基盤を創りを始めてください。

お母さん向けの軍師流キャリアセッション、
受けてみたい方は、メッセージでお問合せくださいね。

お母さんには、
周りの人たちの幸福の源泉となる力が秘められていますよ。

posted by tomomi at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

人を育てられない社長の特徴

今日は、エグゼクティブコーチとして、
社長さんやリーダーに考えてほしいことを書いてみました。

さて、質問です。
「もしもあなたの会社が、ボランティアサークルだったら、
いったい何人の社員さんが、ずっといてくれるでしょうか?」

・自分の意見や自慢話ばかり、一方的に長時間話す。
・リーダーとしての権威を振りかざし、強引に物事を進める。
・サークルメンバーの意見を聴かない。言わせても検討しない。
・偏った価値観で、自分の論理を展開する。
・ビジョンや方針を明確に示さずに、メンバーの時間を無駄にする。
・メンバーの貢献を、認めない、ねぎらいの声を掛けない。
・そもそもメンバーの貢献に気づかない。
・社員を「雇ってやっている」と思っている。

いくつ当てはまりましたか?
これらは、人を育てられないリーダーの
コミュニケーションの特徴でもあります。

こんなリーダーが運営するボランティアサークルに、
メンバーはずっといてくれるでしょうか?

言っても無駄。やっても無駄。
何をする場所なのか、何のために集まってるのかわからず、
ここにいる甲斐もない。って、思うでしょうね。

そんなボランティアサークルには、
わざわざ時間(命)は使いませんよね。

優秀なメンバーはどんどん辞めていくでしょう。

当然、人も育ちません。

すぐに存続の危機がやってきます。

ボランティアサークルのリーダーはどうするでしょう?
メンバーを暴力で支配するか、弱みに付け込むか、
お金を払って雇うか?

さて、あなたの会社は、お金を払わなくても、
あなたの会社がたとえボランティアサークルになったとしても、
その理念のもとに、
ボランティアメンバーとして残ってくれる会社でしょうか?

あなたのコミュニケーションは、
人のやる気や成長を阻害していないでしょうか?

「もしもあなたの会社が、ボランティアサークルだったら、
いったい何人の社員さんが、ずっといてくれるでしょうか?」

たまには、そんな観点を使ってみてくださいね。
posted by tomomi at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

中小企業の後継者問題って?A

後継者の軍師認定コンサルタントの笠井智美です。

多くの中小企業が世代交代を迎えている今、
日本の中小企業の技術や雇用の場の承継問題がクローズアップされています。

とくにオーナー企業にとって、
大切な家業を身内に継がせたい思いは想像に難くないのですが、
後継者という人の人生を考えたとき、
そう単純にはいきません。

多くの人にとって、自分の将来を自分で決めるのが当たり前であっても、
幼いころから、跡を継ぐことを期待されながら育ち、
自分の将来を自分で選べる気がしないまま大人になる方たち。

家業とは別の環境にいながら、後継者候補であることからは逃れられない。

継ぐか継がないか、はっきりと意志決定できずに時は過ぎ、
ある日突然、何の準備も無いまま、
家業を継ぐことになることが少なくありません。

そんなケースでは、
継いでからいろいろな問題が出てきます。

古参の社員や従業員と上手くいかない。
事業が立ち行かない。借金が返せない。
実は株が分散していて、決定権がない。

継いでから、継いだことを後悔してしまう。

この状態では、経営後継者として能力を発揮することはできません。

ということは、経営が上手くいかないということですよね。。

経営が上手くいかないと、
従業員、取引先、顧客、金融機関、家族、親族などに、
どれだけの影響を及ぼすのか、
数え上げたらきりがありません。

後継者さんの人生にとっても、
家業や関係者にとっても、
後継者が決まっていないという事自体が大きなリスク。

つまり、後継の意志決定の先送りは、
自分の人生にとっても、家業にとっても、
誰のためにもならないのです。

継ぐと決めれば、事前の準備も、
会社の将来を見据えた、
新しい会社創りを含んで事業承継を進めていけます。

社長の息子・娘さんが継がないと決めれば、
他の親族や社員への承継の検討や交渉が始められます。

「継ぐのか、継がないのか」を決めることで、
家業の将来の「前提条件」が定まるのです。

また、続きを書かせていただきますね!
posted by tomomi at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 後継者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

中小企業の後継者問題って? @

おはようございます。
久し振りのブログ更新です(^^:)

お蔭様で、お仕事のご依頼をいただき続けて、
ブログを書く時間が取れないくらい、
怒涛の日々が続いておりました。

さて、これから数回に渡り、
中小企業の後継者問題についてお話しさせていただきます。

私と同年代のオーナー経営者さん、
そろそろ後継者をどうするか、直面するお年頃です。

なんとなく息子さんが継いでくれると思ってはいるけれど、
今は別の会社で出世街道。ほんとに戻ってきてくれるかな?
いつ戻って来るのかな?そんなお悩みは、少なくありません。

後継者の軍師としては、その先が観えるだけに、
ぜひご相談に来ていただきたいと思う次第です。

親も子も、家業の未来について互いに言い出せないまま、
日々のことに追われ、時は過ぎ・・・・

もしも起こり得る最悪のシナリオが動き出したら、どうなるでしょう?

ある日突然、経営者が亡くなる。認知症になる。
身体が動かない。意識が無くなる。

縁起でもない話ではありますが、
人間生きている限り、死ぬ危険があります。

経営者不在。経営判断もマネジメントもできなくなったとき、
会社ってどうなるんでしょう? 

・ビジネスチャンスの機会損失。
・今後の展望が読めず、どこに投資するか、判断できない。
・個人保証による借入金や、今後の融資計画への影響
・蓋をされていた財務問題の顕在化
・社長の求心力が失われて、従業員や組織活動への影響がでる
・重要人物の退職・独立の可能性
・株の所有状況による経営への介入やトラブルなど・・・etc

今、まさに生きている事業、生きている会社、そこで働く従業員の生活、
取引先や顧客、金融機関との関係・・・・

息子や娘がいたら、たとえ別の会社に勤めていたとしても、
呼び戻さずにはいられませんよね。

では、呼び戻された方は、どうなるでしょう?

ある日突然、実家に呼び戻され、
知らないこと、解らないことだらけのまま、
後継者候補から、いきなり経営者になる。

全てを知っている人がいない状態で、
何の準備もなく、
不本意な形で迎える後継者さんの人生の転機。

自ら選んだ納得感もないまま、
生きた事業・生きた会社を継ぐことになります。

時には、その心理的な影響から起こる様々な負の連鎖もあります。

それは会社ばかりか、家庭にまで及ぶこともあります。

後継者問題には、実は多くの人の人生が絡んでいるのです。

(つづく)

posted by tomomi at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 後継者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

家業を継ぐか、継がないか?決める前に知っておきたいことを、セミナーでお伝えします。

【家業を継ぐか、つがないか?決めるために必要なこと】

日本の中小企業で事業承継を希望している会社の6割弱が、後継者がはっきり決まっていないんだとか・・・・・。
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h18/H18_hakusyo/h18/html/i3220000.html

ただ、そんな会社にも、後継者候補はいるはずなのです。

社長の息子・娘、甥っ子・姪っ子、家族同然の若手社員さん。
社長の息子・娘の配偶者さん・・・・

今は、家業に関わっていなくても、
別の会社で働いていても、
よそにお嫁に行っちゃてても、
継がないことが関係者全員に合意されていない限り、
常に後継者候補であることに変わりない存在。

いつかはっきり決めなければと思いつつ、
先延ばしになっていて、何となーく、
もやもやと心のどこかに引っかかっている。

継ぐことを決めてしまえば、商工会議所やら、
青年会議所やら、専門家やら、
相談できるところや勉強するところはたくさんあります。

でも、まだ、そこまでには至っていない。
とりあえず親の会社に関わっていても、
経営者になることまでは、決心していない。

今の勤務先では、そこでの進退に関わるので、
うかつに上司や同僚に相談できないものでもあります。

ぬか喜びさせちゃうかも、とか
うるさく言われたら嫌だなぁ、とか考えると、
決めるまでは親にも言えない方もおられるそうです。

ですが、そもそも会社のことも事業のことも、
社長の仕事がなんなのかもわからないのに、
どうやって決めたらいいんでしょうね?

自分の人生がかかってるというのに!


そんな思いをお持ちの方に、
継ぐか継がないかを決めるために、
何を知っておいたらいいのか?

事業承継ってなんなんだ?
どんな準備がいるんだろう?
経営者って何するの?

そして、自分とどう向き合うのか?

ということをお伝えするセミナーを企画しました。
(詳細は後述にあります)

私たち軍師流キャリア塾のメンバーには、
コーチやキャリアカウンセラーという、
人の人生をサポートする専門家がおります。

継がない人生も応援しますよ!(^^)
遠慮なく来てくださいね。
***************************************
◆家業を継ぐか、継がないか?
決める前に知っておきたい・知らなきゃ怖い
事業承継のこと◆

セミナーの内容
1.後継者候補とは
2.後継者候補の立場
3.決めないことのリスク
4.事業承継の本質
5.決めるために必要な7つのステップ
6.仮決定で、やるべきことが見えてくる

参加費¥1000(税込)

5月24日(土)10:00〜11:30
5月29日(木)19:00〜20:30
6月12日(木)19:00〜20:30

JR大阪駅近くの会場を予定しています。

※少人数制のプレセミナーですので、
上記日程や地域以外でも、開催いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お申込み:http://90days-semi.jimdo.com/offer
posted by tomomi at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座・イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。