2014年02月15日

人財育成の原点

今週は、卒業を前にした4回生の学生支援ウイークでした。

この時期になると、殆ど話さない、自分の強みなど出てこない、
履歴書なんて書ける段階ではない学生たちがやってきます。

正直、手ごわい(^^:)

ふと、師の言葉がよぎりました。
「人を決めつけるな。」と。

人は自分にとって見えやすいものに捉われます。

けれど、そもそも人の物事や出来事の見方は、
その人特有の偏りがあるもの。
色眼鏡で観ている世界でしかありません。

自分に見えていないものがあるとしたら、何だろう?

自分が無意識に、
これまでの思考のクセで決めてしまっていることに気づいて、
「ほんとにそうか?他にないか?有るとしてら何がある?」って、
自分に問いかけることができてはじめて、
“認知の歪み”をはずして、ゼロベースに立てる。

学生や子どもや社員を、「出来ない人」というフレームで見てしまっていたら、
出来ているところも、良いところも、見えなくなってしまいます。
自分のフレームの外にある、
相手の可能性をすべて落としてしまいます。

相手のためにと思っているのに、
相手の可能性が観えなくなってしまうのです。

人は見えないことは扱えません。
つまり、相手の能力や可能性を引きだす関わりが出来なくなる。

本来なら、創ってあげられた相手の成長の舞台を、
創ってあげられるサポートができなくなってしまう。

自分の持っているフレームを手放して、
「相手のことを決めつけない。」

本人に観えていない可能性を、
支援者が“自分のフレーム”に捉われずに一緒に探っていく。

人財育成の原点に立ち返った、一週間でした。

さ、しっかり振り返りをして、次へ行こう。(^^)


posted by tomomi at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「軍師」笠井の大河ドラマに観る軍師力E

後継者の軍師認定コンサルタント、エグゼクティブコーチの笠井智美です。

軍師官兵衛、毎週見ておりますが、
なんか、もう1週間経ってしまったんですね。はやっ!

大河ドラマを通して、
経営やリーダーシップに活かせる観点をお伝えしております。(^^)

さて、先日の軍師官兵衛の放送を視て、印象に残ったのは、
腕に覚えのある新参者の家臣が、
既存の家臣たちと上手くいかないことを諌めるときに言った、
「一人の力など、たかが知れておる」という言葉。

この言葉は、これまでの回でも出てきていました。
たしか、剣術が強い先の将軍が、
多勢によって打ち取られたという報告を受けた際にも出てきていた言葉です。

「一人の力など、たかが知れている。」という、官兵衛が基づく価値観。

その基づく価値観から、
「人が協力し合えば、物事が動く。」と思考し、
人の動きの要因となる“相手の背景”から起きてくる心の機微に配慮をする、
という、官兵衛の行動の特性が出てきているのかもしれませんね。

そして、人が協力し合うために、何がいるのか。

「何のために」という“目指すもの”と、信頼。
じゃあ、人はどんな時に、相手を信頼するのか?
自分を否定しない、認めてくれている人でしょうか。

一方、織田信長は、人を惹きつける何かを持っているカリスマ。
「何のために」という目指すものは示していても、
その生い立ちからか、人を信用していない。
だから、恐怖で人を支配する。
まわりへの、見せしめ的な行動が、多いですよね、この人。

俺に逆らうな、俺が答えだ、という風土の元では、
部下はリーダーの基準や評価が気になって、
その範囲でしか、思考や行動もでてこない。
と、すると、リーダーの限界が組織の限界になりやすいということです。
リーダーが道を誤れば、The End.

リーダーが一時的に不在になったときでも、
自立的、自発的に動ける組織力が育つかどうかは、
リーダーがどんな風土を創り出しているのかで決まります。

つまり、リーダーの「在り方」からの思考・行動によると言っても、
過言ではないですね。

のちに、黒田家にもリーダー不在の時期が訪れるらしいですが、
その時の、黒田家の動きにも注目していきたいです。

軍師はリーダーを育てるリーダーという存在でもあります。
その観点から、このドラマはリーダーシップの探究の要素が満載で、
凄く面白いです(^^)

楽しみにしているうちに、日曜日があっという間に来るので、
なんか、この1年すごいスピードで年を取っていくような気がします。

気のせいですよ・・・ね。(^^:)
posted by tomomi at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

「軍師」笠井の大河ドラマに観る軍師力D

後継者の軍師認定コンサルタント、エグゼクティブコーチの笠井智美です。

第5回目放送のNHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」、
官兵衛の幼いころから共に育った腹心の家臣、武兵衛さんが
戦で命を落として、とても悲しかった。

何故、戦うのか・・・・・
昔も今も、人間が、それぞれの正義のために、争い続けることは変わらない。

さて、今回気になったのは、倹約の話。
官兵衛が妻に「金はいざという時に使うもの」と話すシーンに、
なるほど〜と。

まさに経営の極意ですよね。

会社で言うと、経費がいくらで、収益がどれくらいでっていうP/Lの部分は、
営業マンや社員でも考えますが、
上がった収益を、何のために、どこに投資し、
どんな価値を生み出すのか、B/Sを考えるのは、経営者の仕事。

官兵衛は倹約をして蓄えた資産を、「人」に投資していました。

一つの戦を終え、疲れ切った兵士たち。
でも、すぐに次の戦が予想される。

兵士の士気に配慮して、官兵衛はみんなに褒美のお金を渡します。
「よくやった」と、一人一人に声を掛けながら、
それぞれの“労の価値”を、お金という見える形に現わしてねぎらいます。

人は、自分のやったことが人の役に立った、と感じると
自己効力感があがります。

自己効力感は、努力の程度、
環境の選択、障害に面したときの粘り強さなど、
さまざまな行動に影響を及ぼします。

この場合は、戦でのパフォーマンスの発揮度に影響しますよね。

これが、官兵衛にとっての、いざという時のお金の使いどころ。

この場面での「人」への投資は、戦に勝ち、
城・城下すなわち民百姓の暮らしの場、
命を守るという価値を得ることに繋がります。

また、
“家臣に物をあげると、もらえなかった者はひがむ。
だから、相手に安く売る。
お金をはらって買ったのだから、
その家臣は、まわりからひがまれることもない”
という話も、人の心の動きをよく掴んでいるなと思いました。

人って、他人が褒められると、
自分は認められていない、否定されたと感じることがあるもの。

功績をあげて注目された人が、一転してバッシングを受けるケースは、
そんな集団心理が働いているのかもしれませんね。

そして内部の足の引っ張り合いにに発展していくなんてことに
ならないよう、リーダーは人の心という、不安定な不確定要素も、
常に視野に入れて行かなければいけませんね。

その観点から、織田信長を観察していくのも面白いかも。
posted by tomomi at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

継ぐ人生・継がない人生、家業あるゆえの悩みに向き合うセミナー準備中です

こんにちは。
後継者の軍師認定コンサルタント、エグゼクティブコーチの笠井智美です。

私は軍師仲間と後継経営におけるキャリア支援研究会を立ち上げていて、
後継者の方の人生に寄り添った支援を研究開発しています。

先日はそのメンバーとミーティングをし、
今年のセミナープログラムの準備を始めたところです。

後継者さんの中には、心の準備ができて家業を継ぐ方、
自分しかいないから継ぐしかないのだと自分に言い聞かせて継ぐ方、
不測の事態で継がざるおえなくなってしまう方もおられます。

人の人生、いつ、何があるかわかりません。

例え後継者が決まっていたとしても、家業がある限り、
後継者候補でなくなるということはない、と言っても過言ではありません。

今、別の会社で働いていても、
「ずっとこの会社でやっていくのかな・・・」
「いずれ戻って家業をつぐのかな・・・」
「今は、まだ考えたくないな・・・」なんて、
モヤモヤして、なんか引っかかっている。

そんな気持ち、へたに身内に相談なんかできません。
もちろん今の会社での立場もあるし、上司にも相談できません。

自分はどう生きたいのか? どんな人生を送りたいのか?

自分の軸も定まらないうちに、
人生の選択を、ある日突然迫られたら、どうします??

家業を継いでも継がなくても、
人生を、納得感をもって後悔せずに生きていくために、
誰の干渉も受けない安心・安全な場で、
“自分”と“家業”に向き合う時間が、
後継者候補の方には必要だと、私たちは考えています。

このことが、実は後々の経営やリーダーシップ、
そして後継者候補の方の人生に、大きく関わってきます。

緩和ケアの介護人を務め、
多くの方の最期をみとったブロニー・ウェアさんの著書に、
“死ぬ瞬間の5つの後悔”という本があります。

人生の最期の時に、
人が後悔することの1〜5位までについて書かれているのですが、
1位は、
「人の期待に応える人生ではなく、自分に正直に生きる勇気が欲しかった。」
という事なのだそうです。

私なりの言葉の解釈は、こうです。
「人の期待」は、他人の基準や他人の評価。
「自分に正直に・・・」の “自分”は、自分の“志”。

これを読んで、ふと後継者さんのことが浮かびました。

幼いころから「跡継ぎなんだから・・」などど、
親やまわりの人が勝手に描く後継者像と比較されたり、
兄弟姉妹で、誰が跡継ぎにふさわしいかなどど、
常に評価の目にさらされていたり・・・。

まわりの期待に無意識に応えようとする自分がいて、
苦しい思いをされてきたかもしれません。
苦しい、しんどいなんて、口に出せずにきたかもしれません。

会社と一緒に成長してきた創業者とは違い、
身の丈に合わない会社を背負う事への恐怖、
社員さんの暮らしや人生に対する責任感、
自分を育ててくれ、必死に会社を守ってきた親御さんの姿・・・

家業があるからこそ抱える悩みが渦巻いて、
本当の自分と繋がれない。
本当の自分の声が聴こえない。

そんなジレンマや不一致な感覚が、
長年、後継者候補さんたちを苦しめてきたかもしれませんね。

後継者候補さんたちが自分の志と出逢い、
経営目線で家業を知って選択肢を考える、
自分の人生と家業の未来に向き合うセミナー。

継いでもいい、継がなくてもいい。
そして真の経営者になる第一歩になるかも。

そんな場を創ります!

準備ができ次第、お知らせさせていただきますね。
posted by tomomi at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

遠藤選手から平常心を学ぶ

こんにちは。
後継者の軍師認定コンサルタント、エグゼクティブコーチの笠井智美です。
風邪やインフルエンザが流行っているようですが、みなさま大丈夫ですか?
身体の抵抗力が落ちないよう、しっかり睡眠とりましょうね(^^)

さて、今日は「平常心」というお話です。

先日、プロフェッショナルという番組で、サッカーの遠藤選手の特集を視ました。
スポーツには、リーダーや経営に活かせることがいいっぱいあります。
人が事象や課題に、どんなコミュニケーションで結果を出していくかが、
とてもわかり易く見えるので、アスリートのドキュメンタリーは面白い。

遠藤選手はボランチ(舵取り)として、いつも冷静にプレーします。
相手選手に接触プレーをされても、いつも冷静。表情をほとんど変えません。

「僕が感情的になると、チームに迷惑がかかる。」と彼は言います。
刻々と変わるゲームの中で、常にチームの舵をとって、
状況に応じて様々な意図あるパスを使って、ゲームメイクしていく。
ゲームの流れの中で、味方の精神状態・チームのムードを感じ取って、
落ち着かせるパスを出す。

そして、パスでみんなを動かして、スペースを創って、
チャンスを生み出すという、まさに攻撃の起点なんですよね!
この職人技!惚れる〜(^^)

これまでたくさんの学生たちの面談をしましたが、
冷静でオンオフの切り替えができて、
まわりを俯瞰して動く強みを持ってる人は、
ボランチ経験者が多いなあと感じます!

そう、常に最高のパフォーマンスを発揮して結果をだすためには、
感情で動くと判断を誤るって、スポーツは教えてくれますね。

格闘技だって、相手を挑発して感情をゆさぶって、
冷静な判断ができないようにするのは常套手段。
オレオレ詐欺もそうですよね。

平常心、大事や〜(^^:)

でも、どうしたら平常心になれるでしょう?

それは、平常心じゃないってことに気づくこと!

平常心じゃないってことに気づけたら、
気づいた自分で、現状把握をし直してみましょう。

きっと、今まで見えていなかったパスコースが観えるはずです(^^)V
posted by tomomi at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

「軍師」笠井の大河ドラマに観る軍師力C

おはようございます。
後継者の軍師認定コンサルタント、エグゼクティブコーチの笠井智美です。

大河ドラマ「軍師 官兵衛」を視て、軍師として感じたことを書いています。
1年間、全部書いたらすごいよな(^^:)とこっそり思ってます。

さて、4回目の放送をみて感じたことを書きます。

後継ぎができた主君・小寺政職の心の動きを感じ取った官兵衛の父が、
そこから起こり得ることを配慮し、黒田家や民のために、
家督を官兵衛に譲る決断をする流れが印象的でした。

人は “自分を守る” ために、なんでもする一面を持っています。

時に、自分の思いや存在を主張するために、
自らの命を傷つけることもあります。

自分の正義、自分の都合で、他を傷つける行為に出ることもあります。
直接的に手を下したり、間接的に誹謗中傷で相手を追い込んだり・・・

得たい、もっと欲しい、そして失いたくない・・・・
傍からみて、どんなに理不尽なことであっても、本人の中では正義。

官兵衛の父・黒田職隆は、
そんな“人間という存在”の本質を掴んでいたのでしょうね。

相手を変えることはできない。
だったら、相手の背景や心の動きを含んで、
こちらがどう動いていくか。

小さな変化を見逃さない。
そして、目先のことに反応からの対処・対応するのではなく、
全体像からみて、現実をどう扱うのか?

その判断を常に、「黒田家が生き残り、民の暮らしを守る。」
という志に基づいて下していく官兵衛の父・職隆。
まさに理念経営ですね。
posted by tomomi at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

「軍師」笠井の大河ドラマに観る軍師力B

みなさま、こんにちは。
軍師&エグゼクティブコーチ 笠井智美です。

大河ドラマ「軍師 官兵衛」を視て感じたことを、
経営やリーダーシップに活かせる観点でお伝えしています。(^^)

今回は第3回の放送についてです。

大切な人を失って復讐の思いに駆られる官兵衛に、
父や祖父は「怒りや憤りに基づいて動くこと」を厳しく諌めます。

争いは多くの人を巻き込み、憎しみの連鎖を生む。
それを個人の感情に基づいて(つまり自分のために)
起こしてはいけないと。

復讐したいという己の利益のために、多くの人を巻き込んではいけない。
そして、悲しみや怒りや憤りや、時には喜びであっても、
人が自分の感情にまみれ、その感情に基づいているときは、
物事が観えなくなっているもの。
現実をニュートラルに捉えられず、判断をあやまって、
さらに窮地を招くかもしれません。

多くの人に影響を与えるリーダーは、
できるだけ、そうなることを避けなければなりません。

感情を横に置き、現状をありのまま捉え、意図に基づいて仮説をたて、
起こり得るリスクも見たうえで、決断することが必要です。

ですが、リーダーも人。感情も反応も起きてくる。
それを横に置いて、本来の立ち位置に早く戻るために、
軍師という存在は、
もう一人の客観的な自分とも言える存在になるのかもしれません。

戦場の跡、無残に横たわる兵や、
巻き込まれた人たちの亡骸を目の当たりにした旅の中で、
「どうしたら戦いがなくなるのか」という、
これまで自分に無かった価値観に出会った官兵衛。

敵に勝つための軍師ではなく、
失われた過去の因縁のためでもなく、
未来、人が幸せになるための軍師になっていくのでしょうか・・・・

次回も楽しみです。
posted by tomomi at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

「軍師」笠井の大河ドラマに観る軍師力A

こんにちは、後継者の軍師 認定コンサルタントの笠井智美です。

1月も、あっという間に半ばを過ぎましたが、
新年のコミットメント、忘れずに意識されてますか?(^^)

私は「礎」という指針を掲げましたが、それを意識にあげていると、
次々と「自分を取り巻く外の世界」から、
「礎」とうキーワードのメッセージが飛んできます。

実は、これも外界とのコミュニケーションです。
自分にアンテナが立っている情報が、外から入ってくる。
つまり、世の中の見え方は自分次第。

そこにどんな景色が映っているかは、
自分がどんな窓枠から見ているかによるってことなんです。

つまり、どんな世界も自分次第で現わせるってことです!(^^)
人生も仕事も、あなたの“在り方次第”なんです。

そして、私たちが自分で決められることは、
「在り方」だけなのかもしれませんね。

さて、大河ドラマ「軍師 官兵衛」の2回目を視て、
私なりの観点で、リーダーシップや軍師力について感じたことをお伝えします。

戦況を偵察に行った官兵衛は、
小高い場所から、“敵が攻めては引く”を繰り返す動きを見て、
孫子の兵法に照らし、それが罠だと気づきます。

一方、戦の現場では、“攻められたら受け、敵が逃げるから追う”と、
目先のことに反応し、目の前の対処対応に追われ、
思わぬ窮地を招いてしまったようです。

“人は、見えていないことは、扱えない”

立ち位置が違うと、見える景色が違ってきます。
全体を俯瞰できる場所にいるからこそ、
相手が何のためにその動きをしているのかに、意識がいったのでしょう。

渦中の外側から、その現象を捉えることは、
危険を察知する嗅覚に繋がります。

ところで、みなさんはビジネスでも官兵衛のように、
学んだ知識を、現場で活かしておられるでしょうか?

知ったつもり、わかったつもりで使えない知識が、
私たちの中には、いっぱい埋まっています。

学んだ知識も現実の中で試して感覚を掴むから本質が掴め、
環境が違っても転用可能になっていきます。

ぜひ、学んだ知識を意識して使う期間を持ってくださいね。
本当の学びは、そこに有りますから!

posted by tomomi at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「軍師 笠井」の大河ドラマに観る軍師力@

今年のNHKの大河ドラマは、「軍師 官兵衛」ですね。
私も後継者の軍師認定コンサルタントという仕事をしておりますので、
軍師力やリーダーシップという観点から、毎回かぶりつきで視ています(^^)
さて、放送第一回目の軍師官兵衛を視て、
私なりの視点から感じたことをお届けしたいと思います。

病の母に飲ませる薬草を摘みに入った敵の領内で捕まった官兵衛を、
母が諌めたシーンが印象に残っています。

母を思う子どもの思いであっても、
城主である父を危険にさらすこととなり、
家臣が責任を感じて切腹しようとし、
それを母が自分の命をもって止める・・・・

自分の振る舞い次第で、人が死ぬかもしれない。

“自分の言動や物事の影響をどこまで観れるか”

軍師やリーダーに欠かせない能力を示唆するシーンでもありました。

幼き官兵衛の軍師は、母だったかもしれませんね。
posted by tomomi at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー・経営者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

新年あけましておめでとうございます

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、たくさんのみなさまのご縁とお蔭様に支えられて、
一年を無事生き延び、お仕事をさせていただくことができました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

◆去年1年は、「源」という漢字一文字を意識して生きました。
自分が源となって、新しい流れを創る。
もちろん、忘れている日もたくさんありましたが、
時々思い出して、自分を振り返りながら進みました。

いっぱい決めても、覚えていられないのですが、
漢字一文字なら、なんとか思い出せました(^^:)

そして気づいたことは、源から濁った水は流せない!という事でした。

自分の在り方がぶれていないか、滲んでいないか、
言行一致しているか。

それを振り返って修正していく。

「源」の一文字を意識することで、
それまでより日常のPDSサイクルを回す機会が、
創れたように思います。

◆毎日ではなかったけれど、東西南北と天と地の六方拝することで、
山や水や大地や人の恩恵を感じる感度が、
少しだけあがった様に思います(^^:) まだまだですが。

そして、六方拝を続ける中で、
自分なりの拝むときのワードが見つかりました。

空に向かって「天のお達しの仕事をさせてください。」と祈ると、
だんだん自分には天のお達しの仕事しかこない感じがしてきて、
迷いが手放せるようになってきました。

空に向かって志の電波を発すると、
その周波数にあったお役目がやってくる(^^)

逆に、私の手からこぼれていったり、離れていったりしたことは、
「あ、私のお役目ではなかったのね。」とか、
「今じゃないってことなのね。」と、執着せずに進めるようになりました。

☆さて、今年は「礎」の漢字一文字を指針にして生きてみます。
いい「源」になるためには、それを生み出す「礎」が大事。
自分が基づくことから物事が行えるよう、
精神や技術や人・環境や健康を含め、
しっかりとした礎を築くことに取り組みます。

・今日の笑顔と明日への勇気を創りだす。
・志を持って、自分を活かして生きる人を増やす。

2014年は、この2つに基づく自分から、「礎」を指針にして生きます!(^^)V

改めて、今年もよろしくお願いいたします。
posted by tomomi at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。